ユーザーローカル(3984)IPOの抽選結果と公開価格が発表されました。ユーザーローカルIPOの公開価格は、仮条件(2,780円~2,940円)の上限である2,940円に決定しています。

ユーザーローカルIPOは、3月のIPOの中でも一番欲しかった銘柄なので、全力で申し込みましたが、抽選結果は以下の通りでした。


ユーザーローカルIPOの抽選結果(大和証券

ユーザーローカル(大和証券)

(※画像クリックで拡大)

主幹事の大和証券は、昨年から相性が良くなってきたので、かなり期待していたのですが、現実は厳しかったです。大和証券は4月期待の旅工房IPOでも主幹事を務めているので、そこで相性の良さを生かしたいです。


ユーザーローカルIPOの抽選結果(SMBC日興証券

ユーザーローカル(SMBC日興証券)

(※画像クリックで拡大)

SMBC日興証券は、またしても補欠=落選でした。ただ、ユーザーローカルIPOは、当選枚数が極少だったので、仕方ないですね。


SMBC日興証券のIPOルール


ユーザーローカルIPOの抽選結果(SBI証券

ユーザーローカル(SBI証券)

(※画像クリックで拡大)

SBI証券も落選=1ポイントゲットで終了です。SBI証券は、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので救われますね。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


SBI証券のIPOルール


にほんブログ村

ユーザーローカルIPOのその他抽選結果はこちら


その他、みずほ証券にも申し込みましたが落選でした。にほんブログ村には、当選された方もいらっしゃるようで羨ましい限りです。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング