ヴィスコ・テクノロジーズ(6698)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の11月27日から開始されます。

ヴィスコ・テクノロジーズIPOは、想定価格が4,820円と値がさなうえに、注目度抜群のSGホールディングスIPOを含む4社同時上場なので、資金分散の影響を受けそうです。

ただ、規模(吸収金額11億円)はそれほど大きくなく、当選枚数も少なめなので、それでもそこそこの人気を集めると思います。

ヴィスコ・テクノロジーズ

ヴィスコ・テクノロジーズ(ジャスダックIPO)IPOの基本情報

銘柄名ヴィスコ・テクノロジーズ
コード6698
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
いちよし証券
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
上場日12月13日
仮条件決定日11月22日(4,720円~4,920円に決定)
ブックビルディング期間11月27日から12月1日まで
公開価格決定日12月4日(4,920円に決定)
申込期間12月5日から12月8日まで
公募85,000株
売出し113,800株
OA29,800株
吸収金額11億円
想定価格4,820円
初値価格15,000円

ヴィスコ・テクノロジーズIPOの事業内容

ヴィスコ・テクノロジーズは、「画像一筋」という企業理念のもとで、筐体型画像処理検査装置の開発・製造及び販売を行っている企業です。

画像処理検査装置は、FA(ファクトリーオートメーション)向け画像処理システムとも呼ばれており、様々なモノづくりの現場において、検査対象物の傷、汚れ、異物などの外観上の欠陥を検出する目的で利用されてます。

また、ヴィスコ・テクノロジーズが開発した特許取得済の超深度カメラは、今まで目視でしか出来なかった高精度な検査も可能にしています。

ヴィスコ・テクノロジーズIPOの業績

ヴィスコ・テクノロジーズの業績

(※画像クリックで拡大)

ヴィスコ・テクノロジーズIPOの業績は、概ね順調に推移していて、大きな問題は無さそうです。

ヴィスコ・テクノロジーズのIPO評価

ヴィスコ・テクノロジーズは、4社同時上場で価格(想定価格4,820円)も高いため、やはり資金分散の影響が気になります。

また、画像処理検査装置の製造・販売というのもインパクトに欠けますが、良くも悪くも堅実なイメージなので、一定の評価は得られそうです。

よって、ヴィスコ・テクノロジーズのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ヴィスコ・テクノロジーズIPOは、値がさだけにややリスクも高そうです。ただ、現時点では公開価格を多少は上回ると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヴィスコ・テクノロジーズIPOのその他情報はこちら

ヴィスコ・テクノロジーズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ヴィスコ・テクノロジーズIPOのBB(ブックビルディング)は、資金に余裕があれば参加する予定です。

ただ、前受金不要の岡三オンライン証券と、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券は必ず申し込むつもりです。

ヴィスコ・テクノロジーズIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 検討中
岡三証券 検討中
いちよし証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 検討中
マネックス証券 BB参加
カブドットコム証券 検討中
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ