ウェーブロックホールディングス(7940)IPOのBB(ブックビルディング)が、3月23日から始まります。ウェーブロックホールディングスIPOは、東証2部の再上場案件なので、かなり厳しそうな雰囲気です。

ウェーブロックホールディングスは単独上場なので、日程に問題はありませんが、それでも厳しいことに変わりはないと思います。

ウェーブロックホールディングス

ウェーブロックホールディングス(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名ウェーブロックホールディングス
コード7940
主幹事証券みずほ証券
幹事証券野村證券
SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
丸三証券
上場日4月10日
仮条件決定日3月21日(720円~750円に決定)
ブックビルディング期間3月23日から3月28日まで
公開価格決定日3月29日(750円に決定)
申込期間3月30日から4月4日まで
公募0株
売出し5,266,500株
OA780,000株
吸収金額50.8億円
想定価格840円
初値価格721円


ウェーブロックホールディングスIPO幹事のSMBC日興証券

ウェーブロックホールディングスIPOの事業内容

ウェーブロックホールディングスは、各種プラスチックと繊維、紙等を原材料とした複合素材の製造及び販売を主な事業として展開しています。

ウェーブロックホールディングスの事業は、壁紙の製造販売や住宅関連用品の製造販売を行う「インテリア事業」、防虫網や園芸用ネット等の製造・販売を行う「編織事業」、プラスチックシート・フィルムおよび加工製品の製造や販売を行う「産業資材・包材事業」、合成樹脂や各種材料の加工・販売およびコンサルティングを行う「アドバンストテクノロジー事業」の4事業で構成されています。

ウェーブロックホールディングスIPOの業績

ウェーブロックホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

ウェーブロックホールディングスIPOの業績は横ばいで、成長性に乏しい印象を受けます。

ウェーブロックホールディングスのIPO評価

ウェーブロックホールディングスは、東証2部の再上場案件で、吸収金額も50.8億円(想定価格ベース)と大きいことが懸念材料です。

また、ウェーブロックホールディングスは公募株がゼロの売出株のみで、事業内容もIPO向きでないことからも敬遠されると思います。

よって、ウェーブロックホールディングスのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。ウェーブロックホールディングスIPOは、懸念材料ばかりが目立つため、公開価格割れのリスクが高く、あえて参加する必要はないと思います。


にほんブログ村

ウェーブロックホールディングスIPOのその他情報はこちら

ウェーブロックホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ウェーブロックホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ見送る予定です。ウェーブロックホールディングスIPOは規模が大きいため、当選する可能性も高いと思いますが、だからと言って手を出すと火傷しそうです。

ただ、SBI証券だけはIPOチャレンジポイント狙いで申し込みます。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ウェーブロックホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB不参加
野村證券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB不参加
丸三証券 BB不参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社