ウェーブロックホールディングス(7940)IPOは、東証2部の再上場案件で、規模も大きいため、あまり注目されていないようです。

現在、IPOの初値はバブル化していますが、ウェーブロックホールディングスIPOは、それでもやや厳しいと思います。

ウェーブロックホールディングス

ウェーブロックホールディングスIPOの関連記事

ウェーブロックホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!東証2部再上場!

ウェーブロックホールディングスIPOの新規上場(再上場)を承認!

ウェーブロックホールディングスIPOの仮条件

720円~750円

ウェーブロックホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の840円を大幅に下回る弱気な設定になっています。ウェーブロックホールディングスIPOは、前評判が低かったので、仮条件の下振れもあり得ると思っていましたが、それにしてもかなり弱気ですね。

ちなみに、ウェーブロックホールディングスの公開価格が仮条件の上限(750円)で決まると、吸収金額は50.8億円から45.3億円にダウンしますが、それでもまだ荷もたれ感があります。


SMBC日興証券のIPOルール

ウェーブロックホールディングスIPOの初値予想

730円 (想定価格比:-110円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:840円~940円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:750円~850円)

ウェーブロックホールディングスIPOは、規模(吸収金額45.3億円)、東証2部再上場、公募株ゼロの売出株のみなど、懸念材料のオンパレードです。

よって、ウェーブロックホールディングスIPOは、日程に恵まれていてIPOの地合いが良いとしても、公開価格を割れる可能性が高いと思います。


にほんブログ村

ウェーブロックホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

ウェーブロックホールディングスIPOの幹事団

ウェーブロックホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ證券
幹事証券 野村証券
SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
丸三証券

ウェーブロックホールディングスIPOは、規模が大きくて当選枚数も多めなので、主幹事のみずほ證券だけでなく、SBI証券などの平幹事でもチャンスがありそうです。

ただ、ウェーブロックホールディングスIPOはリスクが高めなので、IPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券以外は、慎重に判断した方が良いと思います。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング