ウイルプラスホールディングス(3538)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日の3月7日から(3月11日まで)始まります。

ウイルプラスホールディングスIPOは、3月24日にジャスダックスタンダード市場へ新規上場予定ですが、ベネフィットジャパン(3934)との同時上場という点が少し心配です。

ウイルプラスホールディングス

ウイルプラスホールディングス(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ウイルプラスホールディングス
コード3538
主幹事証券みずほ証券
幹事証券SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
岡三証券
SMBCフレンド証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
むさし証券
カブドットコム証券 (委託)
上場日3月24日
仮条件決定日3月3日(1,730円~1,880円に決定)
ブックビルディング期間3月7日から3月11日まで
公募価格決定日3月14日(1,880円に決定)
公募400,100株
売出し124,000株
OA78,600株
吸収金額11.3億円
想定価格1,880円

ウイルプラスホールディングスIPOの事業内容

ウイルプラスホールディングスは、輸入車販売関連事業を手掛けており、新車、中古車、車輌整備な並びに損害保険の代理店を行う事業会社として、チェッカーモータース株式会社、ウイルプラスモトーレン株式会社、帝欧オート株式会社の連結子会社3社で構成されています。

また、ウイルプラスホールディングスは東京都に8拠点、神奈川県に5拠点、福岡県に14拠点を展開しており、輸入車愛好家の方には一定の知名度がありそうです。ただ、小売業はIPOという観点から不人気な印象がありますね。

ウイルプラスホールディングスの業績

(画像クリックで拡大)

ウイルプラスホールディングスの業績は、それなりに順調で特に気になる点は無いですね。

ウイルプラスホールディングスのIPO評価

ウイルプラスホールディングスIPOは、吸収金額11.3億円(想定価格ベース)とそれなりの規模で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も目に付くことから、初値が高騰することは無さそうです。

また、同時上場するベネフィットジャパン(3934)の方が人気を集めそうな点も不安材料です。

よって、ウイルプラスホールディングスのIPO評価はCが妥当だと考えています。ウイルプラスホールディングスは、公募価格をわずかに上回る初値が付きそうですが、公募価格割れのリスクも伴うという印象です。

ウイルプラスホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ウイルプラスホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は今のところ検討中ですが、SBI証券は例のごとくIPOチャレンジポイント狙いで参加します。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ウイルプラスホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB予定
SBI証券 BB申し込み
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB未定
いちよし証券 BB未定
岡三証券 BB未定
SMBCフレンド証券 口座無し
マネックス証券 BB未定
岩井コスモ証券 BB未定
むさし証券 BB未定
カブドットコム証券 BB未定

SBI証券は、3月31日に新規上場予定のPR TIMES(3922)とエボラブルアジア(6191)で主幹事を務めていますので、口座をお持ちでない方はお早目の口座開設をオススメします。

マネックス証券のIPOは100%完全抽選なので、口座開設したばかりでも公平にIPOゲットのチャンスがあります。

岩井コスモ証券は、他の証券会社よりも口座数が少なめなので、IPO的には穴場の証券会社です。

カブドットコム証券は、今年のIPOで委託幹事として数多くの銘柄を扱っているので、是非押さえておきたい証券会社です。


にほんブログ村

ウイルプラスホールディングスIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ