ウイルプラスホールディングス(3538)の仮条件が決定しました。また、ウイルプラスホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)が3月7日から(3月11日まで)始まっています。

ウイルプラスホールディングスIPOは、ベネフィットジャパン(3934)と3月24日に同時上場予定ですが、3月IPOラッシュも後半に差し掛かり、買い疲れが懸念されますね。

ウイルプラスホールディングス

ウイルプラスホールディングスIPOの基本情報(過去記事)

ウイルプラスホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価

ウイルプラスホールディングスIPOの新規上場を承認

ウイルプラスホールディングスIPOの仮条件

1,730円~1,880円

ウイルプラスホールディングスIPOの仮条件は、想定価格1,880円を上限としながら下方に広めの設定になっています。仮条件からは若干弱気な印象を受けるかもしれませんが、特に問題のない妥当な設定だと思います。

輸入車は根強い人気があると思いますが、IPO的には特に目を引くような事業内容では無く、注目度もそこそこといった感じですね。

ウイルプラスホールディングスIPOの初値予想

1,980円 (想定価格比:+100円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,000円~2,200円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,900円~2,100円)

ウイルプラスホールディングスIPOの初値予想は、輸入車が一定の人気を得ていることや堅調な業績から、公募価格をわずかに上回ると考えています。

しかし、IPOラッシュ後の買い疲れ、2社同時上場による資金分散、ロックアップの掛かっていないVC(ベンチャーキャピタル)保有株が目立つことなど、懸念材料も多いため、公募価格割れのリスクも頭の隅に入れておく必要がありそうです。


にほんブログ村

ウイルプラスホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

ウイルプラスホールディングスIPOの幹事証券会社

ウイルプラスホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
いちよし証券
岡三証券
SMBCフレンド証券
マネックス証券
岩井コスモ証券
むさし証券
委託幹事証券 カブドットコム証券

ウイルプラスホールディングス(9466)の幹事団には、IPO抽選組に人気のSBI証券マネックス証券、そしてIPO後期型の岩井コスモ証券カブドットコム証券が名を連ねています。

SBI証券はIPOの抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、地道にポイントを貯めることがIPOゲットの近道です。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント

マネックス証券のIPOは100%完全抽選なので、口座開設したばかりでも十分に当選するチャンスがあります。

岩井コスモ証券はIPO後期型なので、他の証券会社の抽選結果を確認後に申し込めるのがメリットです。

カブドットコム証券は、100%完全抽選なので、初心者の方にもIPOゲットのチャンスがあります。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ