ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884)IPOが、明日(3月4日)東証マザーズ市場へ新規上場を果たします。今年のIPOは、今のところ全て公募価格を上回る初値が付いており、良い流れになっていますね。

私は、ヨシムラ・フード・ホールディングスIPOの抽選に全滅してしまったため、今回も指をくわえて状況を見守りたいと思います。

ヨシムラ・フード・ホールディングス

ヨシムラ・フード・ホールディングスIPOの直前初値予想

1,250円 (公募価格比:+370円)

(※大手予想会社の初値予想:1,100円~1,300円)

(※大手予想会社の最終初値予想:1,250円)

ヨシムラ・フード・ホールディングスの初値は、以前から記載していた通り、公募価格を上回る1,250円と予想します。大手予想会社も偶然ながら同値の予想になっています。

ヨシムラ・フード・ホールディングスIPOの初値は、今日までの良い流れと吸収金額2.9億円(想定価格ベース)の小ささから、確実に公募価格を上回ると思います。

ただ、VC(ベンチャーキャピタル)保有株の多さから、ロックアップが解除される公募価格の1.5倍(1,320円)を意識した初値形成になりそうです。


にほんブログ村

ヨシムラ・フード・ホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

ヨシムラ・フード・ホールディングスIPOの初値決定前の気配運用

気配上限値段は公募価格比2.3倍の2,024円で、更新値幅は44円で更新時間10分になります。

気配下限値段は公募価格比0.75倍の660円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして注文受付価格の範囲は、220円以上3,520円以下となります。

SBI証券は、3月31日新規上場予定のPR TIMES(3922)とエボラブルアジア(6191)で主幹事を務めています。また、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので、ポイントを貯めてIPOをゲットすることも出来ます。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ