安江工務店(1439)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の1月25日から(31日まで)スタートします。安江工務店は、前後のIPOと程良く間隔が空いていて、スケジュール的には恵まれていますね。

ただ、安江工務店IPOは人気になりにくい不動産関連の地方企業なので、期待度はそれほど高くなさそうです。

安江工務店

安江工務店(ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名安江工務店
コード1439
主幹事証券東海東京証券
幹事証券SBI証券
みずほ証券
SMBC日興証券
藍澤證券
安藤証券
エース証券
上場日2月10日
仮条件決定日1月23日(1,130円~1,250円に決定)
ブックビルディング期間1月25日から1月31日まで
公開価格決定日2月1日(1,250円に決定)
申込期間2月2日から2月7日まで
公募280,000株
売出し210,200株
OA73,500株
吸収金額6.4億円
想定価格1,130円
初値価格1,300円


IPO取扱銘柄数トップクラスのSBI証券

安江工務店IPOの事業内容

安江工務店は、愛知県内での住宅リフォーム事業、新築住宅事業、不動産流通事業を手掛けている企業です。

中でも、売上高の大半を占める住宅リフォーム事業では、戸建住宅やマンション等へ、顧客の要望に対応するためのメンテナンスから、自然素材を使用したデザイン性の高いリフォーム・リノベーションや増改築に至るまで、幅広い価格帯や客層に対応した総合的なリフォーム事業を展開しています。

特に、食べられる素材のみで作られた厚塗りできる漆喰「無添加厚塗りしっくい」を使った無添加リフォームはユニークですね。

安江工務店IPOの業績

安江工務店の業績

(※画像クリックで拡大)

安江工務店の業績に大きな問題は無さそうですが、成長性はあまり感じられませんね。

安江工務店のIPO評価

安江工務店IPOは、いかにも同族会社っぽい会社名で、事業内容もそれほど魅力的ではありません。

ただ、安江工務店IPOの規模は、想定価格ベースで6.4億円と小さいため、需給面は良好だと思います。

よって、安江工務店のIPO評価は、Cが妥当だと考えています。安江工務店IPOの初値は、需給面から公開価格をやや上回る可能性が高そうです。ただ、初値が跳ねる可能性は低そうですね。


にほんブログ村

安江工務店IPOのその他情報はこちら

安江工務店IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

安江工務店IPOのBB(ブックビルディング)は、前向きに参加するつもりです。主幹事の東海東京証券を中心に、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券と、毎年IPOに当選していて相性の良いSMBC日興証券には、必ず申し込みたいと思います。

安江工務店IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
東海東京証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
安藤証券 BB参加
エース証券 口座なし


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社