安江工務店(1439)IPOが、明日(10日)東証ジャスダック市場及び名古屋証券取引所2部市場へ新規上場します。私は、主幹事の東海東京証券で補欠当選していましたが、残念ながら繰上当選にはなりませんでした。

今年のIPOは、シャノン(3976)、森トラスト・ホテルリート投資法人(3478)共に公開価格を上回る初値が付いているので、安江工務店にも頑張ってもらいたいですね。

安江工務店

安江工務店IPOの過去記事

安江工務店IPOは惜しくも補欠当選!

安江工務店IPOの幹事証券ごとの配分数

安江工務店IPOのBBスタンスとIPO評価

安江工務店IPO上場直前の初値予想

1,320円 (公開価格比:+70円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,200円~1,350円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,300円~1,450円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,400円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,150円

安江工務店IPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時に予想していた1,320円で据え置きたいと思います。⇒(安江工務店IPOの初値予想

安江工務店IPOは、今の流れだともう少し高い初値が付きそうですが、規模(吸収金額7億円)の小ささ以外に、これといったセールスポイントが見当たらないため、控え目な予想にしています。

いずれにしても、公開価格を割れることは無さそうなので、どこまで初値が伸びるか楽しみですね。


にほんブログ村

安江工務店IPOのその他初値予想はこちら

安江工務店IPO初値決定前の気配運用

安江工務店IPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の2,875円で、更新値幅63円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は、公開価格比0.75倍の938円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、313円以上で5,000円以下となります。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社