ZMP(7316)IPOのBB(ブックビルディング)が、いよいよ11月30日から(12月8日まで)始まります。ZMPは、大注目のIPOだけあって、BB(ブックビルディング)期間も少し長めになっていますね。

ZMP(7316)IPOは、日本モーゲージサービスIPO船場IPOとの3社同時上場ですが、その中でも期待度NO.1なので、特に問題なさそうです。

ちなみに、ZMP(7316)IPO主幹事SMBC日興証券は、同じく超期待のイノベーションIPOでも主幹事を務めるので、やはりIPOに必須の証券会社ですね。

ZMP

ZMP(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ZMP
コード7316
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券大和証券
JPモルガン証券
みずほ証券
SBI証券
マネックス証券
いちよし証券
岡三証券
東海東京証券
SMBCフレンド証券
岩井コスモ証券
東洋証券
極東証券
エース証券
エイチ・エス証券
上場日12月19日(上場延期!
仮条件決定日11月29日(760円~1,040円に決定)
ブックビルディング期間11月30日から12月8日まで
公開価格決定日12月9日
申込期間12月12日から12月15日まで
公募3,505,000株⇒2,371,000株
売出し6,607,000株⇒6,282,500株
OA1,516,000株⇒1,298,000株
吸収金額88.4億円⇒75.6億円
想定価格760円


ZMP(7316)IPO主幹事SMBC日興証券

ZMP(7316)IPOの事業内容

ZMPは、自動運転プラットフォーム及びセンサ・システム事業を中心に、主に自動車業界におけるシステムのカスタマイズを行っているカスタマイズ&インキュベーション事業、車両の周囲の状況を把握するカメラやドライバーの挙動や状態を計測するモーションセンサなどの情報を収集する実車実験走行サービスなどを行っています。

また、ZMPは二足歩行ロボットや二輪型自律移動ロボット、自動運転技術の研究開発のための実験車両であるロボットカー等の開発を通じて培った、センシング(認知)技術や制御技術及びそれらを統合するノウハウを有しており、これを「自律移動ロボットテクノロジー」として、様々な産業分野にソリューションを提供しています。

ZMP(7316)IPOの業績

ZMPの業績

(※画像クリックで拡大)

ZMP(7316)IPOの業績は赤字計上ですが、この手のベンチャー企業は将来性が重要なので、あくまで参考程度に考えた方が良いと思います。

ZMPのIPO評価

ZMP(7316)IPOは、想定価格(760円)が思っていたより安く、吸収金額も88.4億円(想定価格ベース)と大型なIPOなので、当選枚数は多めです。

しかし、ZMP(7316)IPOは自動運転の大本命として人気化必至なので、規模のわりにはかなり当選しにくい状況になりそうです。

よって、ZMPのIPO評価はAが妥当だと考えています。ZMP(7316)IPOは、売出株の多さやVC(ベンチャーキャピタル)の保有株など、気になる点も多々ありますが、それらを上回る期待感があるので、初日値付かずも想定される強い初値形成になりそうです。


にほんブログ村

ZMP(7316)IPOのその他情報はこちら

ZMP(7316)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ZMP(7316)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事のSMBC日興証券は、よく比較されているサイバーダインIPOでも当選しているので、今回も非常に期待しています。

また、SBI証券マネックス証券岩井コスモ証券など、平幹事も申し込めるだけ申し込んで、何とか複数当選したいと思っています。

ZMP(7316)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
JPモルガン証券 口座なし
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岡三証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
SMBCフレンド証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
東洋証券 ネットでの取り扱いは無し
極東証券 口座なし
エース証券 口座なし
エイチ・エス証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

やはり、ZMPのような大型IPOでは、申し込める証券会社が多いほど有利なので、なるべく多くの証券口座を開設しておきましょう。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社