ズーム(6694)IPOの仮条件が決定しています。ズーム(ZOOM)IPOは、同時上場するNO.1(3562)IPOの方が人気を集めそうなので、需給面で少し不利だと思います。

また、音楽用電子機器に特化した事業内容も、IPOでは人気になりにくいですね。ただ、IPOの地合いは依然好調なので、ニッチな面が見直されて、関心も高まるかもしれません。

ズーム

ズームIPOの関連記事

ズームIPOのBBスタンスとIPO評価!音楽用電子機器IPO!

ズームIPOの新規上場を承認!野村主幹事のジャスダックIPO!

ズームIPOの仮条件

1,460円~1,520円

ズームIPOの仮条件は、想定価格の1,460円を下限に上方へ少し拡げたレンジになっています。野村證券は相変わらず強気な姿勢を崩しませんね。

ちなみに、ズームIPOの公開価格が仮条件の上限(1,520円)で決まると、吸収金額は10.6億円から11億円にアップしますが、それでも規模自体に問題はないと思います。

ズームIPO幹事のSMBC日興証券

SMBC日興証券のIPOルール

ズームIPOの初値予想

1,570円⇒2,280円 (公開価格比:+760円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,560円~1,750円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,550円~1,750円)

私は以前音楽業界で働いていたので、個人的には応援したいのですが、やはり音楽用電子機器の開発及び販売という事業内容は、IPO的に地味ですね。

ただ、全体的にそれほど悪い銘柄でなく、規模(吸収金額10.6億円)もさほど大きくないので、公開価格を若干上回る初値が付くと予想しています。


にほんブログ村

ズームIPOのその他初値予想はこちら

ズームIPOの幹事団

ズームIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SMBC日興証券
みずほ証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
いちよし証券
東洋証券
SMBCフレンド証券
カブドットコム証券

ズームIPOは、それほど当選枚数が多くないため、主幹事の野村證券で当選出来るかがポイントになりますね。平幹事では、SMBC日興証券SBI証券にも、若干のチャンスがあるかもしれません。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング