新年あけましておめでとうございます。本年もIPO(新規公開株)を中心に、立会外分売、株主優待、ロボアドバイザー投資など、様々な投資情報をアップしていきたいと思っております。本年も宜しくお願い致します。

2019年元旦

2018年のIPOは、12月まで例年通りの盛り上がりを見せていましたが、IPO史に残る失敗と言われているソフトバンクの悪影響もあって、年末に向かって冷え込んでしまいました。

今月はIPOの新規上場がありません。ただ、IPOの地合いは昨年末から悪化しているので、やや空白期間があった方が良いかもしれません。

昨年の12月に新規上場したIPOは、概ね当初の予想より低い株価で推移しているため、この時期に見直されて地合いも上向てくれば良いですね。

個人的には、IPO当選実績が2年続けてあまり良くなかったので、今年こそ良い一年になるように頑張りたいと思います。ちなみに、2018年のIPOの当選した証券会社は以下の通りでした。

2018年のIPOに当選した証券会社ランキング
順位 証券会社 当選回数 利益合計
1位 大和証券 2 325,000円
1位 みずほ証券 2 28,100円
2位 SMBC日興証券 1 -3,700円
2位 三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
1 -3,700円
2位 岡三証券 1 -3,700円
合計 342,000円

※利益金額は税・手数料込みです。

※私は家族口座などは一切ないので、全て私個人の当選結果です。

ソフトバンクの初値が公開価格を割れてしまったため、マイナスになってしまった証券会社もありますが、とにもかくにも上記の証券会社はIPOに当選したことに変わりないので、今年も期待できそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

1月はIPOの新規上場がありませんが、2月にはREIT(リート)IPOのエスコンジャパンリート投資法人と、インフラIPOのエネクス・インフラ投資法人が新規上場します。


エネクス・インフラ投資法人IPO主幹事のSMBC日興証券↑

IPO(新規公開株)投資では、申し込める証券会社が多いほど有利です。例年、1月から2月にかけてはIPO閑散期なので、この時期に新たな証券口座を開設して、3月以降のIPOラッシュに備えることをオススメします。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング