自律制御システム研究所(6232)IPOの仮条件が決定しています。自律制御システム研究所IPOは、ドローンの自社開発という時流に乗ったテーマ性で話題を呼んでいます。

自律制御システム研究所IPOは、4社同時上場で規模も大きいため、資金分散の影響を受けそうですが、ドローンというテーマ性でどこまでいけるか大注目です。

自律制御システム研究所

自律制御システム研究所IPOの関連記事

自律制御システム研究所IPOのBBスタンスとIPO評価!ドローン関連IPO!

自律制御システム研究所IPOの新規上場を承認!主幹事はみずほ証券!

自律制御システム研究所IPOの仮条件

3,000円~3,400円

自律制御システム研究所IPOの仮条件は、想定価格の3,380円を挟んで下方に大きく拡げたレンジで設定されています。

自律制御システム研究所IPOは、以前から需給面が不安視されていたこともあってか、やや弱気の仮条件になっていますが、それでも上限で決まれば上振れですね。

ちなみに、自律制御システム研究所IPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は100.4億円から101億円にアップします。


楽天証券のIPOルール

自律制御システム研究所IPOの初値予想

4,400円 (想定価格比:+1,020円)

(※大手予想会社の初値予想:4,000円~5,000円)

自律制御システム研究所IPOは、4社同時上場というだけでなく、大型(吸収金額101億円)でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多いため、需給面だけ見るとかなり厳しそうな感じです。

ただ、自律制御システム研究所IPOは今後ますます需要が高まりそうなドローンに特化した事業を展開しているため、それでも公開価格の1.3倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

自律制御システム研究所IPOのその他初値予想はこちら

自律制御システム研究所IPOの幹事団

自律制御システム研究所IPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 野村證券
大和証券
SBI証券
いちよし証券
SMBC日興証券
岡三証券
水戸証券
楽天証券
マネックス証券
岡三オンライン証券

自律制御システム研究所IPOは、大型で当選枚数も多いため、主幹事のみずほ証券だけでなく、平幹事の楽天証券SBI証券などにもチャンスがありそうです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社