AHCグループ(7083)IPOのBB(ブックビルディング)が2月5日から始まります。AHCグループは、福祉事業や介護事業を展開していることで注目されているようです。

AHCグループは2月最後のIPOというだけでなく、前後のIPOとも程良く間隔が空いているので、スケジュールにも恵まれていますね。

AHCグループ

AHCグループ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名AHCグループ
コード7083(サービス業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券
ちばぎん証券
東洋証券
上場日2月25日
仮条件決定日2月3日(2,000円~2,200円に決定)
ブックビルディング期間2月5日から2月12日まで
公開価格決定日2月13日(2,200円に決定)
申込期間2月14日から2月19日まで
公募460,000株
売出し100,000株
OA84,000株
吸収金額12.8億円
時価総額41億円
想定価格1,990円→公開価格:2,200円
初値価格3,550円

SMBC日興証券 オンライントレード

AHCグループIPOの事業内容

AHCグループは、「人を想う」をグループ理念として掲げながら、主に福祉事業介護事業外食事業を展開しています。

福祉事業では、障がいを持つ学齢期の児童に対して放課後の療育支援を提供放課後等デイサービスの「アプリ×TODAY」や、成年した障がい者の方々に対して職業訓練を行い、一般企業への就労を支援する「就労移行支援事業所TODAY」などを運営しています。

AHCグループの福祉事業

(※画像クリックで拡大)

介護事業では、要介護認定者や要支援認定者の方を対象に、身体機能の維持・回復・改善を支援する「デイサービス グリーンデイ」をはじめ、機能訓練によるリハビリや個別入浴、レクリエーションなどを特徴とした事業所を運営しています。

外食事業では、気取った雰囲気のない大衆酒場「ねぎま 三ぞう」を中心に、30代~の男女、サラリーマン、OL層をメインターゲットとして、飲食店(居酒屋等)の運営をしています。

AHCグループの事業系統図

AHCグループの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 福祉事業における新規事業所の開設資金
  2. グループ事業規模の拡大にともなう従業員採用費
  3. グループ統制環境の整備にともなう従業員人件費
  4. グループの事業規模拡大にともなうIT環境の整備強化費用
  5. 金融機関からの借入金返済

AHCグループIPOの業績

AHCグループの業績

(※画像クリックで拡大)

AHCグループIPOの業績は、概ね好調に推移していて問題なさそうです。

AHCグループのIPO評価

AHCグループはマザーズへの単独上場で、規模(吸収金額12.8億円)も大きくないため、需給面で人気を集めると思います。

また、AHCグループの事業は社会的意義があり、福祉介護というテーマ性でも関心を集めそうです。

よって、AHCグループのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。AHCグループIPOは、公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AHCグループIPOのその他情報はこちら

AHCグループIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

AHCグループIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事のみずほ証券はもちろんのこと、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込みたいと思います。

AHCグループIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
ちばぎん証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング