エーアイ(4388)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の6月11日から始まります。エーアイIPOは、同時上場する4社の中で規模が一番小さいため、需給面で人気を集めると思います。

エーアイの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントの当選ラインや当選配分数などについて、にほんブログ村などでも大いに盛り上がりそうですね。

エーアイ

エーアイ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名エーアイ
コード4388
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
東海東京証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
エース証券
極東証券
東洋証券
水戸証券
むさし証券
上場日6月27日
仮条件決定日6月7日(900円~1,000円に決定)
ブックビルディング期間6月11日から6月15日まで
公開価格決定日6月18日
申込期間6月20日から6月25日まで
公募187,000株
(新株式発行:120,000株
自己株式の処分:67,000株)
売出し380,000株
OA85,000株
吸収金額5.2億円
時価総額38.7億円
想定価格800円
初値価格3,500円

エーアイIPOの事業内容

エーアイは、音声合成に特化した事業を展開しており、機械音ではなく、人の声で合成する「コーパスベース音声合成技術」をベースに、独自に研究開発を行った音声合成エンジン「AITalk®(エーアイトーク)」を提供しています。

AITalk®は、防災行政無線、スマートフォン音声対話、コミュニケーションロボット、道路交通情報、カーナビゲーション、館内放送、駅構内放送、電話自動応答システム、ホームページ読上げ、音声ファイル作成、ゲーム、コンシューマー向けパッケージ製品など、様々なシーンで活用されています。

また、エーアイは音声合成技術企業の視点を取り入れた法人向けのスマートスピーカー「AISonar」をTIS社と共同開発し、自動応答ツールや、翻訳デバイス、議事録システムとしての製品化を進めています。

エーアイIPOの業績

エーアイIPOの業績

(※画像クリックで拡大)

エーアイIPOの業績は概ね堅調に推移していて、これからの成長も期待できそうです。

エーアイのIPO評価

エーアイは、4社同時上場なのが残念ですが、マザーズのネット関連IPOで規模も小さいため、初値高騰の条件は揃っています。

また、エーアイはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらず、AI(人工知能)関連というテーマ性でも注目されそうです。

よって、エーアイのIPO評価はAが妥当だと考えています。エーアイIPOは、初日値付かずも想定される強い初値形成になる予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

エーアイIPOのその他情報はこちら

エーアイIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

エーアイIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙う手もあります。しかし、想定価格が安くて大きな利益は得られにくそうなので、私はポイントを使わずに申し込むつもりです。

エーアイIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
藍澤證券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
エイチ・エス証券 BB参加
エース証券 口座なし
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
水戸証券 口座なし
むさし証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ