AI inside(4488)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の12月9日から開始されます。AI insideは、社名からも分かる通り、AI(人工知能)を実装した製品を提供していることで注目されているようです。

また、AI insideはWDBココとの同時上場になりますが、人気面では勝っていると思うので、それでも期待できそうです。

AI inside

AI inside(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名AI inside
コード4488
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
SBI証券
岩井コスモ証券
マネックス証券
いちよし証券
楽天証券
au カブコム証券
岡三オンライン証券
上場日12月25日
仮条件決定日12月5日(3,000円~3,600円に決定)
ブックビルディング期間12月9日から12月13日まで
公開価格決定日12月16日(3,600円に決定)
申込期間12月17日から12月20日まで
公募300,000株
売出し200,000株
OA75,000株
吸収金額15.3億円
時価総額94.2億円
想定価格2,660円→公開価格:3,600円
初値価格12,600円

AI inside(4488)IPOの事業内容

AI insideは、自社が開発したディープラーニングによる手書き文字認識AIを実装したAI-OCRサービス「DX Suite」を提供しています。

DX Suiteは、その内部に定型帳票を読み取ってデジタル化する「Intelligent OCR」、様々な本人確認書類や各種申込書を種類ごとに仕分けする「Elastic Sorter」、レイアウトが無数にある非定型帳票をデジタル化する「Multi Form」というアプリケーションを有しており、組み合わせて契約および利用することができます。

AI insideは、AI-OCR市場シェアNo.1(株式会社富士キメラ総研2019年3月発刊 「2019 人工知能ビジネス総調査」 AI-OCR市場占有率2017年度実績)で、400社以上の企業に導入されています。

DX Suiteの導入企業例

DX Suiteの導入企業例

(※画像クリックで拡大)

また、AI insideはクラウドにアクセスすることなく、ユーザーの元でAI処理を行うエッジコンピューティング用ハードウェア「AI inside Cube」も提供しています。

これにより、官公庁や地方公共団体は、よりプライバシーを保護しながらDX Suiteを利用することができます。

AI inside(4488)IPOの業績

AI insideの業績

(※画像クリックで拡大)

AI inside(4488)IPOの売上は理想的な右肩上がりで伸びていて、利益も黒字転換しているので、今後の成長性も期待できそうです。

AI insideのIPO評価

AI insideは、WDBココとの同時上場ですが、両方合わせても30億円程度なので、何とかこなせると思います。

また、AI insideはIPOで人気のAI(人工知能)というテーマ性があり、業績が好調なことからも人気を集めると思います。

よって、AI insaideのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。AI inside(4488)IPOは、公開価格の2倍前後の高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AI inside(4488)IPOのその他情報はこちら

AI inside(4488)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

AI inside(4488)IPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。

主幹事の野村證券を中心に、SMBC日興証券SBI証券などの平幹事ももれなく申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

トゥエンティーフォーセブンIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
楽天証券 BB参加
au カブコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング