AI CROSS(4476)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週末(9月20日)から始まります。AI CROSSは、マザーズの小型IPOというだけでなく、女性が社長を務める業績好調なベンチャー企業としても関心を集めているようです。

AI CROSSのIPO主幹事はSBI証券なので、毎度のことですがIPOチャレンジポイントの当選ラインや当選配分数について、にほんブログ村などで様々な意見が飛び交いそうですね。

AI CROSS

AI CROSS(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名AI CROSS
コード4476
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
岩井コスモ証券
香川証券
あかつき証券
エイチ・エス証券
東洋証券
上場日10月8日
仮条件決定日9月18日(990円~1,090円に決定)
ブックビルディング期間9月20日から9月27日まで
公開価格決定日9月30日(1,090円に決定)
申込期間10月1日から10月4日まで
公募450,000株
売出し158,500株
OA91,200株
吸収金額7.1億円
時価総額38.9億円
想定価格1,010円→公開価格:1,090円
初値価格1,800円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

AI CROSS(4476)IPOの事業内容

AI CROSSは、働き方改革とICT市場をコアターゲットとしながら、メッセージングサービスビジネスチャットサービスAI Analyticsサービスを展開しています。

メッセージングサービスでは、相手先のキャリアを選ばずにメッセージの送信・受信ができる全キャリア対応の法人向けSMS送受信サービス「AIX Message SMS」を提供しています。

ビジネスチャットサービスでは、シンプルなインターフェイスと高いセキュリティに加え、他システムとの連携による高い汎用性を持つビジネスチャット「InCircle」を提供しています。

AI Analyticsサービスでは、蓄積したチャットデータをAI分析エンジンで総合的に分析することで、従業員の離職リスクを可視化し、離職の未然防止を効率化する「People Engagement® Cloud」を提供しています。

AI CROSSの事業概要図

(※画像クリックで拡大)

AI CROSS(4476)IPOの業績

AI CROSSの業績

(※画像クリックで拡大)

AI CROSS(4476)IPOの業績は急激に伸びていて、今後の成長性も期待できそうです。

AI CROSSのIPO評価

AI CROSSは、HENNGEとの同時上場ですが、規模(吸収金額7.1億円)が小さいため、それでもかなりの人気を集めると思います。

また、AI CROSSはIPOで人気になりやすいIT関連事業を展開しており、働き方改革AI(人工知能)というテーマ性でも注目されそうです。

よって、AI CROSSのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。AI CROSS(4476)IPOは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株の多さが気になりますが、それでも公開価格の2倍を上回る高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AI CROSS(4476)IPOのその他情報はこちら

AI CROSS(4476)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

AI CROSS(4476)IPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨む予定です。主幹事のSBI証券は、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも可能ですが、私はインフォネットIPOでポイントを使ってしまったため、くじ運で引き当てたいところです。

AI CROSS(4476)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
香川証券 口座なし
あかつき証券 口座なし
エイチ・エス証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング