アイドママーケティングコミュニケーション(9466)のIPO新規上場が承認されました。何と、これで3月18日は6社同時上場となってしまいました。

ここまで同時上場する意味ってあるんでしょうかね?何だか誰も得しない気がするんですが、どうしても同時上場しなければならない特別な事情でもあるんでしょうか?

アイドママーケティングコミュニケーション

アイドママーケティングコミュニケーション(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アイドママーケティングコミュニケーション
コード9466
主幹事証券みずほ証券
幹事証券野村証券
SBI証券
岩井コスモ証券
SMBC日興証券
SMBCフレンド証券
マネックス証券
上場日3月18日
仮条件決定日2月29日(1,300円~1,440円に決定)
ブックビルディング期間3月2日から3月8日まで
公募価格決定日3月9日(1,440円に決定)
公募700,000株
売出し900,000株
OA240,000株
吸収金額28.3億円
想定価格1,540円

アイドママーケティングコミュニケーションの概要

アイドママーケティングコミュニケーションは流通小売業の統合型販促支援事業を手掛けている企業です。

かつて小売業で働いていた私は、アイドマと聞くとやはりAIDMA(アイドマ)の法則を思い出してしまいます。

AIDMA(アイドマ)の法則とは、A(Attention:認知)I(2.Interest:興味)D(3.Desire:欲求)M(Memory:記憶)A(Action:購入)というユーザーが商品を認知してから購入するまでのサイクルを示したものです。

アイドママーケティングコミュニケーションのアイドマもここからきているんでしょうね。マーケティング調査やビッグデータの分析などによって様々な販促支援を提供していくというのが主な事業内容です。

ビッグデータなんて言葉を聞くとIPO向き銘柄かなとも思いますが、吸収金額28.3億円(想定価格ベース)とそれなりの規模で売出株数も多く、6社同時上場ということも考慮すると、かなり判断に悩むというのが正直なところです。

アイドママーケティングコミュニケーション(9466)の幹事団には、IPO常連組のSBI証券マネックス証券、そしてIPO後期型の岩井コスモ証券が名を連ねています。

SBI証券はIPOの抽選に外れてもポイントが貰えるので、ポイントを貯めていけばポイント制度を使ってIPOをゲットすることも可能です。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント

岩井コスモ証券はIPO後期型なので、他の証券会社の抽選結果を確認後に申し込めるのがメリットです。

マネックス証券のIPOは100%完全抽選なので、初心者の方でも十分に当選するチャンスがあります。

アイドママーケティングコミュニケーションIPOの初値予想

アイドママーケティングコミュニケーションIPOの初値予想は、仮条件発表後(2月29日)に追記させていただきます。

1,470円 (想定価格比:-70円)

↓下方修正

1,330円 (公募価格比:-110円)

アイドママーケティングコミュニケーションIPO上場直前の初値予想

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,640円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,440円~1,600円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,440円)


にほんブログ村

アイドママーケティングコミュニケーションIPOその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ