アカツキ(3932)IPOのBB(ブックビルディング)が来月の3月1日からスタートします。アカツキIPOは3月17日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

翌日の3月18日は怒涛のIPO6社同時上場日ですが、アカツキは運良く前日に単独上場することになります。ただ、アカツキは日程的に恵まれていても、吸収金額73.2億円(想定価格ベース)という規模の大きさが気になるところです。

アカツキ

アカツキ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名アカツキ
コード3932
主幹事証券野村証券
幹事証券大和証券
みずほ証券
いちよし証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券 (委託)
上場日3月17日
仮条件決定日2月26日(1,800円~1,930円に決定)
ブックビルディング期間3月1日から3月7日まで
公募価格決定日3月8日(1,930円に決定)
公募2,200,000株
売出し1,100,000株
OA495,000株
吸収金額73.2億円
想定価格1,930円

アカツキIPOの事業内容

アカツキは、「ゲームの力で世界に幸せを」というミッションを掲げながら、「サウザンドメモリーズ」「シンデレライレブン」「シンデレラナイン」などのソーシャルゲームを提供するソーシャルゲーム事業を展開しています。

ちなみに、アカツキという会社名は「世界に夜明けを」をという意味で、日本語の暁から取られているそうです。

アカツキの業績

(画像クリックで拡大)

アカツキの業績はゲーム関連企業らしく急成長を遂げていますね。ただ、ゲーム関連企業はゲームソフト1本の良し悪しで業績が急激に変化しますので、あくまで現状は好調といった程度にとどめておく方が無難だと思います。

アカツキのIPO評価

アカツキは、やはり吸収金額73.2億円(想定価格ベース)という規模の大きさが懸念材料です。また、ゲーム関連企業のIPOと聞くと、上場後に業績を下方修正したgumi(3903)や初値と公募価格が同値だったGunosy(6047)を思い出してしまいます。

ただ、アカツキの業績が伸びているのは確かで、単独上場というスケジュールもプラス要素と考えて良いと思います。

よって、アカツキのIPO評価はCが妥当だと考えています。アカツキは公募価格近辺の初値が付くのではと思いますが、どちらかというと公募価格を上回る可能性の方が高そうです。ただし、公募価格割れのリスクも頭に入れながらBB(ブックビルディング)に参加する必要があります。

アカツキIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

アカツキIPOのBB(ブックビルディング)は、それなりに参加するつもりですが、最終的な判断はBB期間直前まで検討して決めたいと思います。3月17日までに上場するIPO銘柄の初値動向や地合によっては見送る可能性もあります。

アカツキIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) BB申し込み
大和証券 BB未定
みずほ証券 BB未定
いちよし証券 BB未定
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB未定
SMBC日興証券 BB未定
岩井コスモ証券 BB未定
SBI証券 BB申し込み
マネックス証券 BB未定
カブドットコム証券 (委託) BB未定

SBI証券はIPOの取扱銘柄数でトップクラスの証券会社です。また、IPOチャレンジポイントを貯めていけばポイント制度を使ってIPOをゲットすることも可能です。(※SBI証券のIPOチャレンジポイント

マネックス証券のIPOは100%完全抽選なので、口座開設したばかりの方でもIPOをゲットするチャンスがあります。

岩井コスモ証券は他の証券会社と比べて口座数が少なめなので、IPOでは穴場的な証券会社です。


にほんブログ村

アカツキIPOその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ