Amazia(4424)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の12月5日からスタートします。Amaziaはマザーズの小型IPOなので、需給面で人気を集めると思います。

また、AmaziaはAmidAホールディングスとの同時上場ですが、どちらも規模が小さいので、あまり心配する必要はなさそうです。

Amazia

Amazia(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Amazia
コード4424
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券
岡三オンライン証券
松井証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月4日(1,270円~1,320円に決定)
ブックビルディング期間12月5日から12月11日まで
公開価格決定日12月12日(1,320円に決定)
申込期間12月13日から12月18日まで
公募240,000株
売出し55,500株
OA44,300株
吸収金額4.3億円
時価総額41.4億円
想定価格1,270円→公開価格:1,320円
初値価格初値決定後に追記

Amazia(4424)IPOの事業内容

Amaziaは、「デジタルの力でマンガの新しい価値を届ける」というミッションのもと、マンガアプリ事業を展開しています。

国内最大級のマンガアプリ「マンガBANG!」では、一定条件下において無料でマンガが読め、一定条件を超えてマンガを読むためにはライト課金(1話単位などの少額課金)が必要となるフリーミアムモデル及びマンガを購入して読める販売モデル(ストア課金)でサービスを提供しています。

無料漫画投稿サービス「マンガEPIC!」では、漫画投稿を簡単にすることができ、誰でも気軽にマンガ家としてデビューし、多くの読者に作品を見てもらうことができます。

Amaziaのサービス

(※画像クリックで拡大)

Amaziaは、今までに培った開発ノウハウや出版社との関係を基に、海外市場に向けて日本のフリーミアム型マンガアプリを展開する計画も進めています。

Amazia(4424)IPOの業績

Amaziaの業績

(※画像クリックで拡大)

Amaziaの売上は急激に伸びていて、利益も黒字転換しそうなので、今後に期待できそうです。

AmaziaのIPO評価

Amaziaは、吸収金額が想定価格ベースで4.3億円と小さいため、間違いなく人気化すると思います。

また、マンガアプリ事業は目新しいわけではありませんが、まだまだ伸びしろがありそうなので、それなりの評価を得られそうです。

よって、AmaziaのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。Amazia(4424)IPOは、公開価格の2倍を超える高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Amazia(4424)IPOのその他情報はこちら

Amazia(4424)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

Amazia(4424)IPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事のSMBC日興証券は、このところ相性がイマイチなので、ここらで当選して相性の良さを復活させたいところです。

Amazia(4424)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岩井コスモ証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社