AmidAホールディングス(7671)IPOの新規上場が承認されました。AmidA(あみだ)ホールディングスIPOは、12月20日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ちなみに、AmidAホールディングスIPOの主幹事は、野村證券が務めることになっています。本日は、AmidAホールディングス以外にも3銘柄のIPOが新規承認されており、いよいよ12月のIPOも大詰めといった感じですね。

AmidAホールディングス

AmidAホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名AmidAホールディングス
コード7671
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
SBI証券
SMBC日興証券
岡三証券
エース証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月3日(1,440円~1,460円に決定)
ブックビルディング期間12月4日から12月10日まで
公開価格決定日12月11日(1,460円に決定)
申込期間12月12日から12月17日まで
公募100,000株
売出し415,000株
OA77,200株
吸収金額8.5億円
時価総額30.2億円
想定価格1,440円→公開価格:1,460円
初値価格初値決定後に追記


AmidAホールディングスIPO幹事のSMBC日興証券

AmidAホールディングスIPOの概要

AmidAホールディングスIPOは、印鑑及びスタンプを中心とした商材を自社グループサイト「ハンコヤドットコム」を中心としたインターネット通販サイトで販売しています。

また、AmidAホールディングスIPOは集客をはじめ、EC通販事業に関わるWEBマーケティングに特化したデジタルマーケティング事業も展開しています。

AmidAホールディングスIPOは、すでに新規承認されているAmazia(4424)IPOとの同時上場で、公募株の約4倍という売出株の多さも気になりますが、規模(吸収金額8.5億円)の小ささで注目されそうです。

AmidAホールディングスIPOでオススメの幹事証券

主幹事の野村證券はもとより、あまり幹事証券に名を連ねることのない楽天証券にも注目です。


楽天証券のIPOルール

また、ソフトバンクIPOをはじめ、12月のIPOで数多くの主幹事を務めているSMBC日興証券も要チェックです。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券のIPOルール

さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団入りしているので、同グループのカブドットコム証券岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうです。⇒正式に決定しました!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AmidAホールディングスIPOのその他情報はこちら

AmidAホールディングスIPOの初値予想

AmidAホールディングスのIPO初値予想は、仮条件決定後(12月3日以降)に追記させていただきます。

2,200円 (想定価格比:+760円)

(※大手予想会社の初値予想:2,500円~3,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社