AmidAホールディングス(7671)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の12月4日から開始されます。AmidAホールディングスは、印鑑やスタンプのEC通販という地味な業態ですが、マザーズの小型IPOとして注目されそうです。

ただ、AmidAホールディングスはIPOラッシュ真っ只中での新規上場というだけでなく、人気化しそうなAmaziaとの同時上場なので、やや影が薄くなってしまうかもしれませんね。

AmidAホールディングス

AmidAホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名AmidAホールディングス
コード7671
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
SBI証券
SMBC日興証券
岡三証券
エース証券
岡三オンライン証券
カブドットコム証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月3日(1,440円~1,460円に決定)
ブックビルディング期間12月4日から12月10日まで
公開価格決定日12月11日(1,460円に決定)
申込期間12月12日から12月17日まで
公募100,000株
売出し415,000株
OA77,200株
吸収金額8.5億円
時価総額30.2億円
想定価格1,440円→公開価格:1,460円
初値価格初値決定後に追記

AmidAホールディングスIPOの事業内容

AmidAホールディングスは、印鑑ネット通販専門店「ハンコヤドットコム」において、印鑑を中心としたEC通販事業を行っています。

また、AmidAホールディングスはECサイトの集客・接客・データ分析・改善及び開発からシステム保守までWEBマーケティングの全プロセスをワンストップで提供するデジタルマーケティング事業も展開しています。

AmidAホールディングスの事業図

AmidAホールディングスは、EC通販事業に特化した株式会社ハンコヤドットコムと、EC通販事業に関わるWEBマーケティングに特化した株式会社AmidAという、それぞれ専門性をもったグループ会社が連携し、グループ会社内で販売戦略の企画からECサイトの構築、広告・SEO対策等のサイト集客、EC通販事業(受注、製造、加工、発注、出荷)までを行う一気通貫型ECビジネスモデルとすることで、原価率の低減や当日又は翌日出荷を実現する体制を特徴としています。

AmidAホールディングスIPOの業績

AmidAホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

AmidAホールディングスIPOの売上は右肩上がりで伸びており、利益も堅調に推移しているようです。ただ、やや頭打ちといった感じもしますね。

AmidAホールディングスのIPO評価

AmidAホールディングスは、規模(吸収金額8.5億円)が小さくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もないため、それなりの人気を集めると思います。

ただ、印鑑やスタンプのEC通販事業は地味で、これからの成長性にもやや不安を感じます。

よって、AmidAホールディングスのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。AmidAホールディングスIPOは、公開価格をしっかりと上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AmidAホールディングスIPOのその他情報はこちら

AmidAホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

AmidAホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事の野村證券はもとより、楽天証券SMBC日興証券などの平幹事ももれなく申し込みたいと思います。

AmidAホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
楽天証券 BB参加
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
岡三証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング