アピリッツ(4174)IPOの仮条件が決まっています。アピリッツIPOはIT関連の小型IPOなので、かなり注目されているようです。

アピリッツIPOは、これから新規上場するIPOの中でも特に注目されているので期待できそうですね。

アピリッツ

アピリッツIPOの関連記事

アピリッツIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事

アピリッツIPOのBBスタンスとIPO評価!IT関連の小型IPO

アピリッツIPOの仮条件

1,120円~1,180円

アピリッツIPOの仮条件は、想定価格の1,180円を上限に下方へやや拡げたレンジになっています。

前評判が高いわりにはやや弱めの仮条件ですが、公開価格が仮条件の上限で決まれば想定価格通りなので、特に問題はないと思います。

ちなみに、アピリッツIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は3.3億円になります。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
IPOの取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券

アピリッツIPOの初値予想

5,300円⇒7,000円 (公開価格比:+5,820円)

(※大手予想会社の初値予想:2,400円~2,700円)

アピリッツIPOは、規模(吸収金額3.3億円)が小さくて当選枚数も少ないプラチナチケットなので、間違いなく人気化すると思います。

また、システム開発やWebマーケティング事業は根強い人気があり、DX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性もあるため、事業面でも注目されそうです。

よって、アピリッツIPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

アピリッツIPOの幹事団

アピリッツIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券
極東証券
大和証券
いちよし証券
東洋証券
エース証券
マネックス証券
SBIネオトレード証券

アピリッツIPOは当選枚数が少ないので、主幹事のみずほ証券を中心に、SBI証券マネックス証券など、ネットから申し込める全ての幹事証券に申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社