あさくま(7678)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(6月11日)から開始されます。あさくまは、レストランチェーン「ステーキのあさくま」を運営してることで注目されているようです。

また、あさくまは新日本製薬との同時上場ですが、あさくまの方が小型なので、資金分散の影響も小さいと思います。

あさくま

あさくま(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名あさくま
コード7678
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)大和証券
SBI証券
東海東京証券
フィリップ証券
岡三証券
安藤証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
上場日6月27日
仮条件決定日6月10日(1,150円~1,250円に決定)
ブックビルディング期間6月11日から6月17日まで
公開価格決定日6月18日(1,250円に決定)
申込期間6月19日から6月24日まで
公募500,000株
売出し92,100株
OA85,000株
吸収金額7.8億円
時価総額59.9億円
想定価格1,150円→公開価格:1,250円
初値価格初値決定後に追記

あさくまIPOの事業内容

あさくまは、ステーキ&ハンバーグレストラン「ステーキのあさくま」と、カジュアル・ファスト・ダイニング「やっぱりあさくま」の店舗展開を主業態とするレストラン事業を営んでます。

また、連結子会社の株式会社あさくまサクセッションでは、ビュッフェレストラン「ファーマーズガーデン」、モツ焼き居酒屋「エビス参」、カフェ「オランダ坂珈琲邸」、インドネシア料理「スラバヤ・ワヤンバリ」等、様々な業態の店舗を展開しています。

あさくまは、2019年4月30日現在、直営店60店舗、FC加盟店7店舗の計67店舗、連結子会社の株式会社あさくまサクセッションは直営店20店舗を展開しており、グループ全体として計87店舗(FC加盟店を含む)となっています。

あさくまIPOのグループ店舗網

あさくまIPOのグループ店舗網

(※画像クリックで拡大)

あさくまIPOの業績

あさくまの業績

(※画像クリックで拡大)

あさくまIPOの売上は順調に伸びており、利益も堅調に推移しているようなので、概ね好調そうですね。

あさくまのIPO評価

あさくまは、株式会社テンポスホールディングス(2751)の子会社なので、IPOで不人気な親子上場になります。

しかし、あさくまは規模(吸収金額7.8億円)が小さいため、それでもそれなりの人気を集めそうです。

また、「ステーキのあさくま」は名古屋市内から幹線道路沿いの郊外を中心に知名度が高く、既に株主優待(食事券4,000円分(1,000円×4枚))が設置されている点でも関心を集めると思います。

よって、あさくまのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。あさくまIPOは、公開価格の1.5倍を上回る初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

あさくまIPOのその他情報はこちら

あさくまIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

あさくまIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券はもちろんのこと、同グループで穴場的なカブドットコム証券にも期待しています。

あさくまIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
SBI証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
フィリップ証券 口座なし
岡三証券 BB参加
安藤証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング