アセンテック(3565)IPOの抽選は、後期型の岩井コスモ証券を除いて終了していますが、目論見書に幹事証券ごとの配分数(割当数)が記載されたので、参考までにアップしました。

また、幹事証券ごとの配分数(割当数)に照らし合わせて、IPOチャレンジポイントの当選ラインと配分数を検証してみました。

アセンテック

アセンテックのIPOチャレンジポイント関連記事

アセンテックIPOの抽選結果!ポイント当選ラインはインフレ化?

アセンテックのIPOチャレンジポイント当選ライン予測!

アセンテックIPOの配分数(割当数)

アセンテックIPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
SBI証券 (主幹事) 348,500株 85% 1,568枚 A
みずほ証券 32,800株 8% 33枚 B
ニュース証券 8,200株 2% ?枚
極東証券 4,100株 1% ?枚
藍澤證券 4,100株 1% ?枚
岩井コスモ証券 4,100株 1% 4枚 C
SMBCフレンド証券 4,100株 1% 4枚
東洋証券 4,100株 1% 4枚
合計 410,000株 100% 1,613枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。


にほんブログ村

SBI証券が主幹事を務めたIPO銘柄のIPOチャレンジポイント実績データ

IPOチャレンジポイントの実績データ

(※画像クリックで拡大)

アセンテックのIPOチャレンジポイントの当選ラインは、私が調べたところ268ポイントで200株配分でした。アセンテックIPOは、NO.1(3562)IPOと同程度の規模だったので、250ポイント前後で200株配分と予想していましたが、ボーダーラインはもう少し上でした。

上記の表からも、抽選配分数が1,000枚を超えれば、ポイント当選の配分数は200株以上が濃厚で、アセンテックIPOも200株配分でした。ただ、ポイント当選ラインは徐々に上がっている感じですね。

もちろん、その時の地合いや他の銘柄との兼ね合いで変化しますが、今後評価の高いIPOを狙う場合、かなりポイントが必要になりそうです。ただ、あまり考え込んでも仕方ないので、自分が納得できるポイント数で勝負すれば良いと思います。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初日値付かずだった旅工房(6548)IPOは、本日の即金規制で3,750円(公開価格比:+2,380円)の初値を付けました。来週も地政学リスクがくすぶっていますが、旅工房の好結果は追い風になりそうなので、何事も起きなければアセンテックIPOも良い初値が期待できそうですね。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング