AViC(9554)IPOのBB(ブックビルディング)が来週の6月14日から開始されます。AViC(エイビック)はデジタルマーケティングの戦略設計、集客施策、広告運用などを行っています。

AViCは6月最後のIPOで、今のところその後のIPOも新規承認されていないので、スケジュールには恵まれていますね。

AViC

AViC(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名AViC
コード9554(サービス業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
マネックス証券
楽天証券
いちよし証券
岡三証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
松井証券
丸三証券
あかつき証券
極東証券
静銀ティーエム証券
東洋証券
水戸証券
岡三オンライン
上場日6月30日
仮条件決定日6月10日(920円~1,020円に決定)
ブックビルディング期間6月14日から6月20日
公開価格決定日6月21日(1,020円に決定)
申込期間6月22日から6月27日まで
公募150,000株
売出し977,400株
OA169,100株
吸収金額12.6億円
時価総額55.2億円
想定価格970円→公開価格:1,020円
初値価格初値決定後に追記

AViCのIPO事業内容

AViCはメディア運営会社から広告枠を仕入れ、広告効果を計測した上でクライアントに対し広告運用代行を行う等のインターネット広告サービスを行っています。

インターネット広告サービスでは、主に検索連動型広告、ディスプレイ広告、インフィード広告等の運用型広告を提供しています。

AViCのインターネット広告サービス

(※画像クリックで拡大)

また、AViCは対象となるWebサイトの内部構造の最適化、掲載するコンテンツの作成等、SEO対策の効果を計測した上で、総合的なソリューションの提供・適切なクライアントの情報発信を行うSEOコンサルティングサービスも提供しています。

SEOコンサルティングサービスは、マーケティングDXツールを用いることで従来よりも高効率で、データの収集・分析・施策の立案・シミュレーションの算出までを行っています。

AViCのSEOコンサルティングサービス

(※画像クリックで拡大)

AViC(9554)IPOの事業系統図

AViCの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

IPOによる手取金の使途

  1. 事業規模拡大のための人員及び管理体制強化のための人員の採用教育費並びにこれら新規人員の採用に伴い増加する給与
  2. 作業時間短縮及び自動化による効率化のためのマーケティングDXツール投資のため、開発費として充当

AViC(9554)IPOの業績

AViCの業績

(※画像クリックで拡大)

AViC(9554)IPOの業績は堅調に推移して好調そうです。

AViCのIPO評価

AViCは6月ラストを飾るIPOというだけでなく、単独上場で規模(吸収金額12.6億円)も大きくないため、需給面は良好だと思います。

また、ネット広告事業は新鮮味に欠けますが安定した人気があり、業績も好調に推移していることから、それなりの評価を得られそうです。

よって、AViCのIPO評価はBが妥当だと考えています。AViC(エイビック)IPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

AViC(9554)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

AViC(9554)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で申し込む予定です。主幹事のみずほ証券をはじめ、マネックス証券松井証券などの平幹事も申し込むつもりです。

AViC(9554)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
楽天証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
岡三証券 BB不参加
岩井コスモ証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
松井証券 BB参加
丸三証券 BB参加
あかつき証券 口座なし
極東証券 口座なし
静銀ティーエム証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
水戸証券 口座なし
岡三オンライン BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング