AWSホールディングス(3937)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の6月2日から(6月8日まで)開始されます。AWSホールディングスIPOは、ストライクIPOとの同時上場(6月21日)になりますが、どちらも規模が小さいので影響は少なさそうです。

AWSホールディングス

AWSホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名AWSホールディングス
コード3937
主幹事証券SBI証券
幹事証券SMBC日興証券
エイチ・エス証券
東洋証券
日本アジア証券
上場日6月21日
仮条件決定日5月31日(2,290円~2,490円に決定)
ブックビルディング期間6月2日から6月8日まで
公募価格決定日6月9日(2,490円に決定)
申込期間6月13日から6月16日まで
公募110,000株
売出し0株
OA16,500株
吸収金額3.04億円
想定価格2,400円

AWSホールディングスIPOの事業内容

AWSホールディングスは、連結子会社5社と持分法適用関連会社1社で構成されており、主に「グローバル事業」と「メディカル事業」を手掛けている企業です。

「グローバル事業」では、日本とフィリピンを拠点としながら、ソフトウェアの設計や開発から製品保証まで、英語と日本語のバイリンガルな環境で広範なアウトソーシング・サービスを提供しています。

「メディカル事業」 では、レセプト点検ソフト(マイティーチェッカー)など、医療情報システムのソフトウェアを開発・販売しながら、医療のIT化を通じて医療の質の向上と医療経営の安定の実現をサポートしています。

AWSホールディングスIPOの業績

AWSホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

AWSホールディングスIPOの業績は、かなりバラついた感じで、安定しているとは言い難いですね。ただ、今期の売上高と経常利益は好調に推移しています。

AWSホールディングスのIPO評価

AWSホールディングスIPOは、超小型(想定価格ベースで吸収金額3億円)で当選枚数も極めて少ないため、争奪戦は必至といった印象です。

さらに、AWSホールディングスIPOは、医療ITというテーマ性もプラス材料になりそうです。

また、AWSホールディングスIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントの当選ラインや複数配分されるかどうかにも注目が集まりそうです。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

個人的には、当選枚数が極めて少ないため、当選するにはかなりのポイント数が必要で、複数配分も厳しい(1単元の可能性が高い)と感じています。

よって、AWSホールディングスのIPO評価はAが妥当だと考えています。AWSホールディングスIPOは、需給面からかなり高い初値が付くと予想しています。また、地合によっては、初日値付かずの可能性もありそうです。

AWSホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

AWSホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンスは、もちろん全力で臨むつもりです。ただ、私が保有しているIPOチャレンジポイント数では当選に足りなさそうで、資金勝負するほどの資金力もないため、くじ運に賭けるしかない状況です。

AWSホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
エイチ・エス証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取り扱い無し
日本アジア証券 口座無し

↓IPO取扱銘柄数トップクラスのSBI証券↓

SBI証券のIPOルールと詳細解説

↓ストライクやキャリアで主幹事を務めるSMBC日興証券↓

SMBC日興証券のIPOルールと詳細解説


にほんブログ村

AWSホールディングスIPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ