ベース(4481)IPOの仮条件が発表されました。ベースIPOは東証2部ながら、値がさで当選枚数の少ないプレミアチケットとして関心を集めているようです。

また、ベースIPOはランサーズIPOJMDC(4483)IPOとの3社同時上場ですが、その中でも一番人気期待できそうですね。

ベース

ベースIPOの関連記事

ベースIPOのBBスタンスとIPO評価!東証2部IPO!

ベースIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事!

ベースIPOの仮条件

4,600円~4,700円

ベースIPOの仮条件は、想定価格の4,650円を中間に挟んだレンジで設定されています。ベースIPOは、当初からそれなりの評価を得ていたので、妥当な仮条件だと思います。

ちなみに、ベースIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は15.8億円から15.9億円にアップしますが、ほとんど変わりないですね。


マネックス証券のIPOルール

ベースIPOの初値予想

6,000円 (想定価格比:+1,350円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:5,000円~6,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:6,000円~6,500円)

ベースIPOは東証2部への新規上場ですが、値がさで規模(吸収金額15.9億円)もそれほど大きくないため、当選枚数の少なさで人気を集めると思います。

また、SI(システムインテグレーション)事業もIPOで人気になりやすく、業績が好調に推移していることも追い風になりそうです。

よって、ベースIPOはランサーズIPOJMDC(4483)IPOとの3社同時上場ではありますが、それでも6,000円の大台を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ベースIPOのその他初値予想はこちら

ベースIPOの幹事団

ベースIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 野村證券
SMBC日興証券
SBI証券
むさし証券
岡三証券
岩井コスモ証券
エース証券
マネックス証券
岡三オンライン証券

ベースIPOは当選枚数が少ないので、主幹事のみずほ証券で当選できるかが勝負の分かれ目ですね。

また、100%完全抽選のマネックス証券と、抽選配分比率が高めのSBI証券もなるべく押さえておきたいところです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社