ブロードバンドセキュリティ(4398)IPOの仮条件が決定しています。ブロードバンドセキュリティは、インターネット関連の小型IPOなので、間違いなく人気化すると思います。

ブロードバンドセキュリティは、9月に新規上場するIPOの中でも前評判が高めなので、かなり期待できそうです。

ブロードバンドセキュリティ

ブロードバンドセキュリティIPOの関連記事

ブロードバンドセキュリティIPOのBBスタンスとIPO評価!小型IPO!

ブロードバンドセキュリティIPOの新規上場を承認!みずほ証券が主幹事!

ブロードバンドセキュリティIPOの仮条件

690円~750円

ブロードバンドセキュリティIPOの仮条件は、想定価格の800円を下回るレンジになっています。ブロードバンドセキュリティIPOは当初から評価が高かったので、仮条件が下振れするとは思いもしませんでした。

普通なら仮条件の下振れは大きなマイナスポイントですが、特段の理由はなさそうなので、今のところあまり気にする必要はないと思います。

ちなみに、ブロードバンドセキュリティIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は6.4億円から6億円にダウンしますが、ほとんど変わりないですね。


SBI証券のIPOルール

ブロードバンドセキュリティIPOの初値予想

2,250円 (想定価格比:+1,450円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,650円~1,950円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,500円~1,750円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:1,200円~1,500円)

ブロードバンドセキュリティIPOは、手ごろな価格(750円)で規模(吸収金額6億円)も小さいため、かなりの人気を集めると思います。

また、情報セキュリティ事業はIPOで人気になりやすく、業績も好調に推移していることから、初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ブロードバンドセキュリティIPOのその他初値予想はこちら

ブロードバンドセキュリティIPOの幹事団

ブロードバンドセキュリティIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券
マネックス証券

ブロードバンドセキュリティIPOの抽選配分数は、主幹事のみずほ証券よりもSBI証券の方が多そうなので、どちらも申込み必須です。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング