BCC(7376)IPOの仮条件が決まっています。BCCは、ヘルスケア分野のDX化を推進する事業を展開していることで注目されています。

また、BCCのIPO主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントのボーダーラインについても関心を集めそうですね。

BCC

BCC(7376)IPOの関連記事

BCCのIPO新規上場を承認!SBI証券が主幹事

BCCのIPO評価とBBスタンス!ヘルスケアIPO

BCCのIPO仮条件

1,180円~1,300円

BCCのIPO仮条件は、想定価格の1,210円を挟みながら上方にやや広く設定されています。BCCはIPO新規承認時から注目されていたので、やや強めの仮条件も納得です。

ちなみに、BCCのIPO公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は3.6億円から3.9億円にアップします。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
BCCのIPO主幹事のSBI証券

BCCのIPO初値予想

5,000円 (想定価格比:+3,790円)

(※大手予想会社の初値予想:2,600円~3,000円)

BCCは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が約15.2万株ありますが、単独上場で規模(吸収金額3.9億円)も小さいため、それでも需給面でかなりの人気を集めると思います。

また、IT営業支援サービスは安定した人気があり、ヘルスケアDXというテーマ性もあるため、事業面でも注目されそうです。

よって、BCC(7376)IPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

BCCのIPO幹事団

BCCのIPO幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 みずほ証券
岩井コスモ証券
エイチ・エス証券
東洋証券
松井証券
岡三証券
東海東京証券
SBIネオモバイル証券
岡三オンライン証券
SBIネオトレード証券

BCCのIPO幹事団は、主幹事のSBI証券をはじめ、ネットから申し込める証券会社がほとんどなので、幅広く申し込んで当選を狙いたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社