ブリッジインターナショナル(7039)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(9月14日)から開始されます。ブリッジインターナショナルは、10月最初のIPOで規模も小さいため、かなりの人気を集めると思います。

また、ブリッジインターナショナルはマザーズへの単独上場で、前後のIPO銘柄とも程よく間隔が空ているため、スケジュールにも恵まれていますね。

ブリッジインターナショナル

ブリッジインターナショナル(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ブリッジインターナショナル
コード7039
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
マネックス証券
エース証券
上場日10月3日
仮条件決定日9月13日(2,090円~2,310円に決定)
ブックビルディング期間9月14日から9月21日まで
公開価格決定日9月25日
申込期間9月26日から10月1日まで
公募205,800株
売出し100,000株
OA45,800株
吸収金額7.3億円
時価総額34.7億円
想定価格2,090円
初値価格初値決定後に追記

ブリッジインターナショナルIPOの事業内容

ブリッジインターナショナルは、BtoB企業(法人を対象に商品やサービスを提供する企業)に対して、「インサイドセールス」(顧客には訪問せず電話やメールを活用して営業活動を行う手法)の導入による法人営業改革の支援を行っている企業です。

インサイドセールスコンサルティングサービスでは、顧客企業の営業生産性を最大化するための営業戦略立案や、インサイドセールス導入モデルのデザインから業務設計を行っています。

インサイドセールスアウトソーシングサービスでは、スキル教育を受けた自社の正社員が顧客企業のインサイドセールスとして営業活動を実施しています。

システムソリューションサービスでは、主に企業の営業・マーケティング部門で活用される、SFA、CRM、MA分野のクラウドシステム構築サービスを提供しています。

その他、ブリッジインターナショナルは業界初のインサイドセールス業務支援AISAIN」も提供しています。

ブリッジインターナショナルIPOの業績

ブリッジインターナショナルの業績

(※画像クリックで拡大)

ブリッジインターナショナルIPOの業績は、概ね堅調に推移していて、特に問題なさそうです。

ブリッジインターナショナルのIPO評価

ブリッジインターナショナルは、マザーズへの単独上場で規模(吸収金額7.3億円)も小さいため、需給面で人気化すると思います。

また、法人営業改革支援事業はインパクトに欠けますが、AIなどのITテクノロジーを取り入れたデジタルインサイドセールスは、それなりの関心を集めそうです。

よって、ブリッジインターナショナルのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ブリッジインターナショナルIPOは、公開価格の2倍を上回る高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ブリッジインターナショナルIPOのその他情報はこちら

ブリッジインターナショナルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ブリッジインターナショナルIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨むつもりです。主幹事のSMBC日興証券は、このところ当選から遠ざかっているので、そろそろ当選して悪い流れを断ち切りたいところです。

ブリッジインターナショナルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
エース証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社