BTM(5247)IPOの新規上場が承認されました。BTM(5247)IPOは12月27日に東証グロース市場へ新規上場する予定です。

また、BTMのIPO主幹事は岡三証券が務めることになっています。

BTMはすでに新規承認されているELEMENTSとの同時上場になります。本日は、後ほどご紹介するスマサポIPOも新規承認されています。12月のIPOの新規承認も大詰めですね。

BTM

BTM(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名BTM
コード5247(情報・通信業)
主幹事証券岡三証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
東海東京証券
東洋証券
岩井コスモ証券
極東証券
Jトラストグローバル証券
松井証券
マネックス証券
水戸証券
楽天証券
岡三オンライン
上場日12月27日
仮条件決定日12月7日
ブックビルディング期間12月9日から12月15日
公開価格決定日12月16日
申込期間12月19日から12月22日まで
公募145,000株
売出し156,400株
OA45,200株
吸収金額4.7億円
時価総額17.9億円
想定価格1,350円
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード
BTMのIPO幹事のSMBC日興証券

BTM(5247)IPOの概要

BTMは100名以上の自社エンジニアと全国の外部協力会社をニーズや状況に応じて柔軟に組み合わせながら、企業のDX化を最適な形でサポートしています。

BTMはDX推進事業として、DXにかかわる人的リソースの提供を主眼とした「ITエンジニアリングサービス」を提供しています。

BTMのITエンジニアリングサービス

また、BTMはDX推進に向けたコンサルティングや開発成果そのものに重きを置いた「DXソリューションサービス」も提供しています。

BTMはELEMENTSとの同時上場ですが、IT関連の小型(吸収金額4.7億円)IPOなので、それでも需給面で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

BTMのIPO幹事団は主幹事の岡三証券を中心に、SMBC日興証券マネックス証券などの12社で構成されています。

マネックス証券
IPO幹事常連のマネックス証券

また、岡三証券が主幹事なので、岡三オンラインも委託幹事入りしそうですね。←正式に決定にしました!

BTMのIPO初値予想

BTMのIPO初値予想は、仮条件決定後(12月7日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社