カオナビ(4435)とヤマザキ(6147)の立会外分売が発表されています。カオナビは、クラウド人材管理ツール「カオナビ」の製造・販売・サポートを行っている企業です。

また、ヤマザキは専用工作機械、マシニング、ホーニングマシンの製造販売などを行っている企業です。

カオナビ

カオナビとヤマザキの立会外分売スケジュール
銘柄名 分売実施日 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
カオナビ
(M・4435)
9/11~9/15 × 300,000株 3,000株
ヤマザキ
(JQ・6147)
9/11~9/16 50,000株 1,500株

(※2019年9月9日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

カオナビの立会外分売目的は、「当社株式の分布状況の改善および流動性向上を図るため」となっています。

カオナビは、昨年(2019年)IPO新規上場したばかりなので、耳馴染みのある銘柄です。

しかし、カオナビは値がさで株価も高値圏で推移しているため、リスクが高そうなので今のところ見送るつもりです。

ヤマザキの立会外分売目的は、「当社株式の分布状況改善および流動性向上を目的とするものです。」となっています。

ヤマザキは、流動性に難がありますが、手頃な価格で分売株数(50,000株)も少ないため、参加しても良いかなと考えています。ただ、低価格なのでたいした利益は得られないでしょうね。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいため、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング