ワイズテーブルコーポレーション(2798)の立会外分売が発表されています。ワイズテーブルコーポレーションは、XEX(ゼックス)、SALVATORE(サルヴァトーレ)、庵など、各種飲食店の企画・開発・運営を行っている企業です。

ワイズテーブルコーポレーションは、記念すべき令和第一弾の立会外分売になります。5月は、IPOがバルテスしか新規承認されていないので、立会外分売だけでももう少し増えてほしいですね。

※立会外分売は中止になりました!(想定していた株価の水準を下回ったため)

ワイズテーブルコーポレーション

立会外分売のスケジュール
銘柄名 分売予定期間 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
ワイズテーブル
コーポレーション

(2798)
5/9~5/13 133,000株 4,000株

(※2019年5月4日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ワイズテーブルコーポレーションの立会外分売目的は、「当社株式の分布状況の改善及び流動性の向上を図るため」となっています。

ワイズテーブルコーポレーションは流動性の低さが気になります。ただ、株主優待銘柄として根強い人気があるようなので、長い目で見れば大崩れはしない気がします。

いずれにしても、短期的にはややリスクのある銘柄なので、ゴールデンウイーク明けの株価推移と地合いによって、参加不参加を決めたいと思います。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング