アイ・ピー・エス(4390)の立会外分売が発表されました。アイ・ピー・エスは、日本とフィリピンそれぞれの国内での通信事業、フィリピンと各国をつなぐ国際通信事業、職業紹介等の在留フィリピン人関連事業及び医療事業などを行っている企業です。

アイ・ピー・エスは、昨年の6月にIPO新規上場したばかりなので、IPO投資家にも耳なじみのある企業ですね。

アイ・ピー・エスの立会外分売

立会外分売のスケジュール
銘柄名 分売予定期間 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
スタジオアタオ
(3550)
5/15~5/17 126,400株 100株
アイ・ピー・エス
(4390)
5/21~5/24 100,000株 100株
ヴィスコ・テクノロジーズ
(6698)
5/27~5/29 172,000株 500株
ディーエムソリューションズ
(6549)
5/28~6/4 42,200株 500株

(※2019年5月14日現在)

アイ・ピー・エスの立会外分売目的は、「東京証券取引所市場第一部への市場変更の形式要件の充足をはかるとともに、当社株式の分布状況の改善及び流動性向上を図ることを目的として行うもの」となっています。

アイ・ピー・エスは東証1部昇格が視野に入っていて、流動性も高いため、この分売株数なら十分にこなせそうな気がします。

ただ、地合いがかなり悪化しているので、今後の株価推移と地合いを見極めてから、参加するかどうか最終的な判断をしたいと考えています。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング