博展(2173)の立会外分売が発表されています。博展は、「Experience Marketing(経験価値マーケティング)」を事業領域とした、コンタクトポイントにおけるコミュニケーション開発及び統合型マーケティングソリューションを提供している企業です。

博展は、昨年(2018年2月27日)以来の立会外分売になります。ちなみに、前回は常に分売価格を上回る理想的な展開でした。

博展

立会外分売のスケジュール
銘柄名 分売予定期間 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
アイリックコーポレーション
(東M・7325)
5/28~5/31 169,000株 100株
ディーエムソリューションズ
(東JQS・6549)
5/28~6/4 × 42,200株 100株
博展
(東JQS・2173)
5/29~6/5 50,000株 500株
トラスト・テック
(東1・2154)
5/30~6/5 検討中 600,000株 10,000株
テラスカイ
(東1・3915)
5/30~6/3 検討中 72,000株 100株
ニーズウェル
(東2・3992)
5/31~6/6 検討中 380,500株 200株
レアジョブ
(東M・6096)
5/31~6/6 検討中 180,000株 200株
阪神内燃機工業
(東2・6018)
6/5~6/7 検討中 35,000株 700株

(※2019年5月27日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

博展の立会外分売目的は、「当社株式の分布状況改善及び流動性向上を図ることを目的として行うもの 」となっています。

博展は貸借銘柄で流動性も高いため、全力で申し込むつもりです。ただ、分売株数(5万株)が少ないので、当選するのはかなり難しそうですね。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング