ブリッジインターナショナル(7039)の立会外分売が発表されています。ブリッジインターナショナルは、インサイドセールス(電話やメールまたはSNSなどの様々な営業チャネルを活用した内勤の営業スタイル)による法人営業改革の支援などを行っている企業です。

ブリッジインターナショナルは、昨年(2018年)の10月にIPO新規上場したばかりで、今回が初めての立会外分売になります。

ブリッジインターナショナル

ブリッジインターナショナルの立会外分売スケジュール
銘柄名 分売実施日 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
ブリッジインターナショナル
(東M・7039)
8/21~8/23 70,000株 500株

(※2019年8月17日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ブリッジインターナショナルの立会外分売目的は、「当社株式の分布状況改善および流動性向上をはかるため」となっています。

ブリッジインターナショナルはそこそこの流動性で分売株数(70,000株)も少ないため、それほどリスクは高くないと思います。

ただ、現状の流動性はそれでもやや物足りないので、今後の流動性と実施日の地合いによって、参加するかどうか判断するつもりです。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング