ベクター(2656)、巴川製紙所(3878)、ピアラ(7044)、ディーエムエス(9782)の立会外分売が発表されています。

9月前半はIPOの新規上場がないので、立会外分売に資金を回して少しでも利益を得たいですね。

巴川製紙所

立会外分売のスケジュール
銘柄名 分売予定期間 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
ベクター
(東JQ・2656)
9/3~9/5 × 650,800株 10,000株
巴川製紙所
(東1・3878)
9/4~9/11 57,400株 200株
ピアラ
(東M・7044)
9/4~9/11 41,100株 100株
ディーエムエス
(東JQ・9728)
9/6~9/11 70,000株 200株

(※2019年9月1日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ベクター(2656)は分売株数(650,800株)が多く、前回の立会外分売も同程度の分売株数(700,300株)で苦戦したことから、今のところ見送るつもりです。

巴川製紙所(3878)は流動性に難ありですが、貸借銘柄で分売株数(57,400株)も少ないため、全力で申し込む予定です。

ピアラ(7044)は東証1部昇格が視野に入っていて、分売株数(41,100株)も少なめですが、流動性に乏しいため、実施日までの流動性と地合いによって、参加するかどうか決めたいと思います。

ディーエムエス(9728)はそこそこの流動性で分売株数(70,000株)も少なめですが、それでも流動性が十分とは言えないため、実施日までの流動性と株価推移によって、参加不参加を決めたいと思います。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング