KVK(6484)とダイコー通産(7673)とシンクロ・フード(3963)の立会外分売が発表されています。

2月後半はIPOのBB(ブックビルディング)も多いので、資金繰りに頭を悩ますことになりそうですが、上手く立ち回っていきたいですね。

KVK

立会外分売のスケジュール
銘柄名 分売予定期間 参加スタンス 分売株式数 申込数量限度
KVK
(JQ・6484)
2/19~2/21 26,400株 300株
ダイコー通産
(東2・7673)
2/20~2/26 100,000株 100株
シンクロ・フード
(東1・3963)
2/21~2/26 1,340,000株 10,000株

(※2020年2月17日現在)

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

KVK(6484)は流動性が乏しいため、分売株数(26,400株)が少なくてもやや厳しそうなので、割引率を見てから参加不参加を決めるつもりです。

ただ、参加するにしても分売株数(26,400株)が極少なので、当選しないでしょうね。

ダイコー通産(7673)は貸借銘柄で流動性もそれなりにあり、東証1部昇格も視野に入っているため、今のところ全力で申し込むつもりです。

シンクロ・フード(3963)は分売株数(1,340,000株)の多さが気になりますが、手ごろな価格の貸借銘柄なので、今のところ前向きに参加する予定です。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいので、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、ライブスター証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング