ヴィッツ(4440)の立会外分売が昨日(7月21日)実施されました。また、ヴィッツの立会外分売価格は前日終値の1,851円から2.8%割り引いた1,799円でした。

ヴィッツは流動性に問題なく、貸借銘柄で分売株数(80,000株)も少なかったため、全力で参加しましたが全滅でした。

ヴィッツの立会外分売(マネックス証券

ヴィッツの立会外分売(マネックス証券)

(※画像クリックで拡大)


ヴィッツの立会外分売(楽天証券

ヴィッツの立会外分売(楽天証券)

(※画像クリックで拡大)

ヴィッツの立会外分売は、SBI証券松井証券などにも申し込みましたが全滅です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ヴィッツの株価チャート(7月21日)

ヴィッツの株価チャート(7月21日)

(※画像クリックで拡大)

ヴィッツは分売価格(1,799円)を上回る1,831円で始まり、1,844円の高値を付けてから急落し、1,818円の安値を付けたものの、それから再び盛り返し、最後は1,818円で取引きを終えています。

ヴィッツの立会外分売は、一度も分売価格を割ることがなかったので、どこで売っても利益が得られる堅調な展開でしたね。

また、昨日(7月21日)同じく実施されたビーアンドピー(7804)の立会外分売はスルーしましたが、こちらもわずかながらも利益が得られるまずまずの展開でした。


IPO・新規公開株ランキング

立会会外分売では、IPO(新規公開株)ような大きい利益は得られませんが、IPOよりも比較的当選しやすいため、ローリスクで利益を得ることが可能な投資方法です。

立会外分売には、IPO投資でも必須のSBI証券マネックス証券をはじめ、SBIネオトレード証券松井証券野村證券丸三証券楽天証券なら、ネットから申し込むことが出来ます。(※一部の地方市場を除く)

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング