シー・エス・ランバー(7808)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週末(10月27日)から始まります。シー・エス・ランバーは11月最初のIPOで、前後のIPOとの間隔が空いているため、スケジュールには恵まれています。

また、住宅関連事業はIPOで人気とは言えませんが、規模(吸収金額7.3億円)が小さいことから、需給面でそこそこ注目されそうです。

シー・エス・ランバー

シー・エス・ランバー(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名シー・エス・ランバー
コード7808
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
ちばぎん証券
マネックス証券
カブドットコム証券
松井証券
上場日11月15日
仮条件決定日10月25日(1,380円~1,480円に決定)
ブックビルディング期間10月27日から11月2日まで
公開価格決定日11月6日(1,480円に決定)
申込期間11月7日から11月10日まで
公募237,000株
売出し193,000株
OA64,500株
吸収金額7.3億円
想定価格1,480円
初値価格2,724円

シー・エス・ランバーIPOの事業内容

シー・エス・ランバーはプレカット事業を中心に、建築請負事業及び不動産賃貸事業を展開している企業です。

売上の大半を占めるプレカット事業では、木材のプレカット加工及び販売や、ツーバイフォー工法における設計などを行っています。

また、建築請負事業では木造戸建住宅及び木造一般建築物の建築(新築・増改築)の請負を行っています。

シー・エス・ランバーは、材木店で培った木材に関する豊富な知識に基づく仕入力と提案力を活かし、付加価値を創造する木材建築のトータルサービスを提供しています。

シー・エス・ランバーIPOの業績

シー・エス・ランバーの業績

(※画像クリックで拡大)

シー・エス・ランバーの業績は、概ね順調に推移していて、特に問題なさそうです。

シー・エス・ランバーのIPO評価

シー・エス・ランバーは、Casa(カーサ)IPOから約2週間空けての新規上場で、規模(吸収金額7.3億円)も小さいため、それなりに注目されそうです。

ただ、住宅関連事業はIPOで人気になりにくいため、初値高騰とまではいかないと思います。

よって、シー・エス・ランバーのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。シー・エス・ランバーIPOは、需給面で人気を集めそうなので、ある程度の利益は得られると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

シー・エス・ランバーIPOのその他情報はこちら

シー・エス・ランバーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

シー・エス・ランバーIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で申し込むつもりです。主幹事のみずほ証券はもとより、100%完全抽選のマネックス証券にも期待しています。

また、委託幹事入りが正式に決定したカブドットコム証券松井証券も要チェックですね。

シー・エス・ランバーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
ちばぎん証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加
松井証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ