キャピタル・アセット・プランニング(3965)IPOの幹事証券ごとの配分数が発表されています。

キャピタル・アセット・プランニングは、ジャスダックスタンダートIPOですが、小型(吸収金額3.6億円)、テーマ性(フィンテック)、売出ゼロの公募株のみと、初値高騰の条件が揃った銘柄です。

キャピタル・アセット・プランニング

キャピタル・アセット・プランニングIPOのBB(ブックビルディング)は、9月20日から9月27日までなので、申し込もうと思っている方は、各幹事証券の配分数を参考にしながら、忘れずに手続きして下さい。

キャピタル・アセット・プランニングIPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 優先度
野村証券 (主幹事) 136,000株 85% A
大和証券 8,000株 5% C
高木証券 4,800株 3%
東海東京証券 4,000株 2.5%
あかつき証券 4,000株 2.5%
マネックス証券 3.200株 2% B
合計 160,000株 100%


キャピタル・アセット・プランニングIPOで幹事を務めるマネックス証券


にほんブログ村

キャピタル・アセット・プランニングIPOのその他情報はこちら

キャピタル・アセット・プランニングIPOは、当選枚数が1,600枚しかないプラチナチケットです。しかも、主幹事の野村証券が配分比率の85%を占めているので、何とかここで幸運を掴みたいところです。

幹事団の中で三番目に配分比率が高いのは大和証券ですが、100%完全抽選のマネックス証券の方が、抽選配分数が多いはずなので、わずかながらも期待したいですね。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOは、これから次々と新規承認されると思いますので、今のうちに新たな証券口座を開設して、年末のIPOラッシュに備えましょう。

IPOにオススメの証券会社