セレコーポレーション(5078)IPOのBB(ブックビルディング)が今週の2月24日から開始されます。セレコーポレーションはアパート経営の提案、建築請負、管理受託などを行っているアパートメーカーです。

セレコーポレーションはIPOで人気になりにくい東証2部への新規上場ですが、前後のIPOと1週間程度間隔が空いているのは救いですね。

セレコーポレーション

セレコーポレーション(東証2部IPO)のIPO基本情報

銘柄名セレコーポレーション
コード5078(建設業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
SBIネオトレード証券
DMM.com証券
上場日3月11日
仮条件決定日2月21日(1,800円~1,900円に決定)
ブックビルディング期間2月24日から3月2日
公開価格決定日3月3日(1,900円に決定)
申込期間3月4日から3月9日まで
公募206,200株
売出し284,000株
OA73,500株
吸収金額11.8億円
時価総額72.7億円
想定価格2,100円→公開価格:1,900円
初値価格1,820円

SMBC日興証券 オンライントレード
セレコーポレーションIPO幹事のSMBC日興証券

セレコーポレーションIPOの事業内容

セレコーポレーションはアパート経営に関するコンサルティング及びソリューション提供を行う賃貸住宅事業を展開しています。

賃貸住宅事業では、基幹ブランドの「My Style vintage」と衣食住すべてを満足させる空間設計の「FUSION」を中心に、アパート経営の企画、設計、施工等を行っています。

また、セレコーポレーションは賃貸開発事業として、土地の資産性が高い都内の城南(品川区・目黒区・港区・大田区)・城西(渋谷区・新宿区・世田谷区・中野区・杉並区・練馬区)エリアにおいて、付加価値の高いアパートを建築・販売しています。

さらに、セレコーポレーションはアパートの管理受託によるプロパティマネジメント業務を行う賃貸経営事業も行っています。

IPOによる手取金の使途

  1. 2023年2月期に全額を千葉工場の建設並びに機械購入の費用として調達した借入金返済の一部に充当

セレコーポレーションIPOの業績

セレコーポレーションの業績

(※画像クリックで拡大)

セレコーポレーションIPOの業績はやや頭打ちといった印象ですね。

セレコーポレーションのIPO評価

セレコーポレーションはIPOで不人気な東証2部への新規上場ですが、規模(吸収金額11.8億円)は小さくてVC(ベンチャーキャピタル)の保有株もほとんどありません。

ただ、不動産関連事業は新鮮味に欠けるだけでなく、業績もイマイチなので、地味な印象は否めません。

よって、セレコーポレーションのIPO評価はCが妥当だと考えています。セレコーポレーションIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

セレコーポレーションIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

セレコーポレーションIPOのBB(ブックビルディング)は今のところ検討中です。ただ、SBI証券はIPOチャレンジポイント狙いで必ず申し込むつもりです。

セレコーポレーションIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB検討中
SMBC日興証券 BB検討中
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング