チェンジ(3962)IPOのBB(ブックビルディング)が、9月7日(水)(9月13日まで)からスタートします。

チェンジIPOは、シルバーエッグ・テクノロジーIPOとの同時上場ですが、どちらも小型なので大きな影響はなさそうです。

チェンジ

チェンジ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名チェンジ
コード3962
主幹事証券SBI証券
幹事証券マネックス証券
みずほ証券
SMBC日興証券
エース証券
藍澤証券
SMBCフレンド証券
極東証券
東海東京証券
東洋証券
楽天証券
上場日9月27日
仮条件決定日9月5日(1,080円~1,200円に決定)
ブックビルディング期間9月7日から9月13日まで
公開価格決定日9月14日(1,200円に決定)
申込期間9月16日から9月23日まで
公募280,000株
売出し210,000株
OA0株
吸収金額5.6億円
想定価格1,150円


↑チェンジIPOの主幹事を務めるSBI証券↑

チェンジIPOの事業内容

チェンジは、新たなIT技術を用いて企業に変革を促す「NEW-ITトランスフォーメーション事業」を展開している企業です。

NEW-ITトランスフォーメーション事業とは、昨今本格化している「価格が安く、導入がスピーディーで、使い勝手の良い」ITを指します。

また、NEW-ITトランスフォーメーションを構成する具体的な分野は、クラウド、モバイル、情報セキュリティ、IoT、ビッグデータなど多岐にわたっています。

チェンジIPOの業績

チェンジの業績

(※画像クリックで拡大)

チェンジIPOの業績は、際立って良いとは言えませんが、概ね順調に推移しているようです。

チェンジのIPO評価

チェンジは、IoT、ビッグデータ、情報セキュリティなど、テーマ性の高さから注目されそうです。また、チェンジは規模(吸収金額5.6億円)の小ささからも人気化必至といった印象です。

また、同時上場するシルバーエッグ・テクノロジーIPOも規模が小さいため、資金分散の影響も少なそうです。

よって、チェンジのIPO評価はAが妥当だと考えています。チェンジIPOは、初値高騰の可能性が高く、状況次第で初日値付かずもあり得ると予想しています。


にほんブログ村

チェンジIPOのその他情報はこちら

チェンジIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

チェンジIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。

チェンジIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントの当選ラインが気になりますね。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

チェンジIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
マネックス証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
エース証券 口座なし
藍澤証券 口座なし
SMBCフレンド証券 口座なし
極東証券 口座なし
東海東京証券 BB参加
東洋証券 ネット申込み不可


↑平幹事の中で一番配分数の多そうなマネックス証券↑

IPOでは、申し込める証券会社の数が勝負の分かれ目なので、年末のIPOラッシュに備えて、証券口座を増やしておきましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ