チェンジ(3962)IPOの幹事証券ごとの配分が決定しています。チェンジIPOは、9月に新規上場するIPOの中でもA級の評価を得ているので、是非とも当選したい銘柄ですね。

ただ、チェンジIPOの主幹事はSBI証券なので、数千万以上の資金でBB(ブックビルディング)に申し込むか、かなりのIPOチャレンジポイントを使って申し込まないと当選は難しそうです。

私の個人的な予想では、IPOチャレンジポイントの当選ラインは最低でも200ポイント以上で、200株配分が濃厚だと思います。

IPOチャレンジポイントを使うかどうか悩ましいところですが、自分なりの期待値でポイントを使うのも一つ手ですね。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

チェンジ
チェンジIPOは、既にBB(ブックビルディング)が始まっていますので、申し込まれる方は、幹事証券ごとの配分数を参考にしながら、忘れずに申し込んで下さい。

チェンジIPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 優先度
SBI証券 (主幹事) 416,500株 85% A
マネックス証券 14,700株 3% B
みずほ証券 14,700株 3% C
SMBC日興証券 9,800株 2% C
エース証券 9,800株 2%
藍澤證券 4,900株 1%
SMBCフレンド証券 4,900株 1%
極東証券 4,900株 1%
東海東京証券 4,900株 1%
東洋証券 4,900株 1%
合計 490,000株 100%


↑チェンジIPO主幹事のSBI証券↑


にほんブログ村

チェンジIPOのその他情報はこちら

チェンジIPOは、配分数の85%を占める主幹事のSBI証券と、100%完全抽選で抽選配分数が多めのマネックス証券には、必ず申し込むことをオススメします。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOにオススメの証券会社⇒IPO証券会社ランキング