ココナラ(4176)IPOの新規上場が承認されました。ココナラIPOは、3月19日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ココナラIPOの主幹事は大和証券みずほ証券及びクレディ・スイス証券が共同で務めることになっています。

3月のIPOはこれで2銘柄目になりますが、例年に比べるとやや出足が鈍い感じなので、週末から怒涛の新規承認ラッシュになるかもしれませんね。

ココナラ

ココナラ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ココナラ
コード4176(情報・通信業)
主幹事証券大和証券
みずほ証券
クレディ・スイス証券
幹事証券(委託含む)いちよし証券
SBI証券
楽天証券
マネックス証券
松井証券
上場日3月19日
仮条件決定日3月3日(1,000円~1,200円に決定)
ブックビルディング期間3月4日から3月10日まで
公開価格決定日3月11日
申込期間3月12日から3月17日まで
公募1,000,000株
売出し11,092,900株
OA1,813,000株
吸収金額139.1億円
時価総額214.7億円
想定価格1,000円
初値価格初値決定後に追記


ココナラIPO幹事のマネックス証券

ココナラIPOの概要

ココナラIPOは、「知識・スキル・経験」を売り買いできるスキルマーケット「ココナラ」の運営·開発を行っています。

また、ココナラIPOは一人ひとりにあった弁護士が見つかる検索メディア「ココナラ法律相談」の運営·開発しています。

さらに、ココナラIPOは対面サービスのマーケット「ココナラミーツ」の運営·開発も行っています。

ココナラIPOは、欧州及びアジアを中心とする海外市場(米国およびカナダを除く)への売出しも予定されていますが、それにしても規模(139.1億円)が大きく、売出株(11,092,900株)も公募株の10倍以上あるため、需給面が良好とは言えません。

しかし、ココナラIPOは知名度が高く、昨年末から大型IPOでも好スタートを切るケースが目立つため、それでも注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ココナラIPOの幹事団は、共同主幹事の大和証券みずほ証券をはじめ、100%平等抽選のマネックス証券楽天証券などの8社で構成されています。


楽天証券のIPOは100%平等抽選

ココナラIPOの初値予想

ココナラIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月3日以降)に追記させていただきます。

1,800円 (想定価格比:+800円)

(※大手予想会社の初値予想:1,600円~2,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社