ココナラ(4176)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。ココナラIPOは規模が大きいながらも知名度の高さで人気を集めているようです。

ココナラIPOは当選枚数が多いので、何としても当選したいですね。

ココナラ

ココナラIPOの過去記事

ココナラIPOの新規上場を承認!大和証券とみずほ証券が共同主幹事

ココナラIPOのBBスタンスとIPO評価!スキルマーケットIPO

ココナラIPOの初値予想!仮条件は強め

ココナラIPOの配分数(割当数)

ココナラIPOの配分数(割当数)は、主幹事の大和証券約70%を占めています。

大和証券は今年の4月からチャンス当選を廃止し、抽選配分比率も15%~25%から10%へとダウンするので、その前に是非とも当選しておきたいですね。

また、共同主幹事のみずほ証券をはじめ、平幹事の楽天証券SBI証券などにもチャンスがありそうです。

ココナラIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
大和証券(主幹事) 8,465,000株 70% 12,698枚 A
みずほ証券 (主幹事) 2,600,000株 21.5% 2,600枚 B
クレディ・スイス証券 773,900株 6.4% -枚
いちよし証券 157,200株 1.3% 16枚
SBI証券 36,300株 0.3% 163枚
楽天証券 36,300株 0.3% 363枚 C
マネックス証券 12,100株 0.1% 121枚
松井証券 12,100株 0.1% 85枚
合計 12,092,900株 100% 16,046枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ココナラIPOのBB(ブックビルディング)は3月10日に締め切られるので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、早めに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社