CRGホールディングス(7041)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週末の9月21日からスタートします。CRGホールディングスはマザーズ市場への単独上場で、規模も大きいというほどではないため、需給面で注目されそうです。

ただ、IPOの地合いは冷え込んでいるため、今のままだとCRGホールディングスの初値も抑えられてしまうかもしれないので、早く好転してほしいですね。

CRGホールディングス

CRGホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名CRGホールディングス
コード7041
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
東海東京証券
エース証券
マネックス証券
水戸証券
みずほ証券
カブドットコム証券
上場日10月10日
仮条件決定日9月19日(1,020円~1,120円
ブックビルディング期間9月21日から9月28日まで
公開価格決定日10月1日(1,120円に決定)
申込期間10月2日から10月5日まで
公募550,000株
売出し800,000株
OA202,500株
吸収金額15.8億円
時価総額53.6億円
想定価格1,020円→公開価格:1,120円
初値価格1,832円

CRGホールディングスIPOの事業内容

CRGホールディングスは、「必要なとき」に「必要な時間」、「必要な人数」と「必要なスキル」をクライアントに提供する総合人材サービスを展開しています。

売り上げの大半を占める人材派遣紹介事業では、 派遣スタッフを募集・登録して各取引先企業へ派遣する「労働者派遣事業」と、求人企業と求職者との間での雇用関係の成立を斡旋する「有料職業紹介事業」を行っています。

また、製造請負事業では主に取引先メーカーからのペットフードやペット衛生用品等、ペット関連製品の製造請負及びその附随業務を行っております。

さらに、CRGホールディングスはその他事業として、HRシステムの開発・販売やRPA(ロボットによる業務自動化)を活用した残業改革ロボ「RooPA」の開発・販売などのHRテック(Human Resource×Technology)サービスも手掛けています。

CRGホールディングスIPOの業績

CRGホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

CRGホールディングスIPOの売上は好調に推移しており、利益も黒字化してから急激に伸びているので、成長性も期待できそうですね。

CRGホールディングスのIPO評価

CRGホールディングスは、そこそこの規模(吸収金額15.8億円)ですが、マザーズへの単独上場で直近のブリッジインターナショナルからも1週間空いているため、需給面は悪くないと思います。

また、人材派遣事業は新鮮味に欠けますが、RPA(ロボットによる業務自動化)やHRテックといったテーマ性で関心を集めそうです。

よって、CRGホールディングスのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。CRGホールディングスIPOは、公開価格の1.5倍以上の初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

CRGホールディングスIPOのその他情報はこちら

CRGホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

CRGホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で申し込むつもりです。主幹事の大和証券はもとより、IPO幹事常連のSBI証券や100%完全抽選のマネックス証券にも期待しています。

CRGホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
SBI証券 BB参加
東海東京証券 BB参加
エース証券 口座なし
マネックス証券 BB参加
水戸証券 口座なし
みずほ証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社