サイバートラスト(4498)IPOの仮条件が決まっています。サイバートラストIPOは、IT関連、小型、マザーズの三拍子が揃ったIPOとして人気を集めそうです。

また、サイバートラストIPOはその後に新規上場するIPOと約1週間空いているので、スケジュールにも恵まれていますね。

サイバートラスト

サイバートラストIPOの関連記事

サイバートラストIPOの改めての新規上場を承認!主幹事は前回同様みずほ証券

サイバートラストIPOのBBスタンスとIPO評価!仕切り直しIPO

サイバートラストIPOの仮条件

1,600円~1,660円

サイバートラストIPOの仮条件は、想定価格の1,660円を上限に下方へ少しだけ拡げて設定されています。サイバートラストIPOは、このところIPOの地合いが悪化していることを考慮してか、前評判が高いわりにやや弱めの仮条件になっています。

ただ、公開価格が仮条件の上限で決まれば想定価格通りなので特に問題ありませんね。

ちなみに、サイバートラストIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は10.5億円になります。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

サイバートラストIPOの初値予想

4,500円 (想定価格比:+2,840円)

(※大手予想会社の初値予想:3,300円~3,800円)

サイバートラストIPOは、昨年のコロナショックで新規上場を中止していた仕切り直し組というだけでなく、SBテクノロジー(4726)の子会社なので親子上場にもなります。

しかし、サイバートラストIPOは規模(吸収金額10.5億円)が小さく、時流に乗ったDX(デジタルトランスフォーメーション)関連事業やセキュリティサービスを提供しているため、それでも人気化すると思います。

よって、サイバートラストIPOは地合いが回復していれば、初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サイバートラストIPOの幹事団

サイバートラストIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 大和証券
SBI証券
いちよし証券
楽天証券

サイバートラストIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券をはじめ、ネットから申し込める幹事証券で構成されているので、全ての幹事証券に申し込んで、少しでも当選のチャンスを増やしたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社