サイバートラスト(4498)IPOの新規上場が承認されました。サイバートラストIPOは、4月17日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、サイバートラストIPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。

普段は、IPOが新規承認されるのを心待ちにしていますが、今の地合いだと嬉しいというより心配になりますね。

※上場中止になりました!

サイバートラスト

サイバートラスト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名サイバートラスト
コード4498(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
上場日4月17日
仮条件決定日3月31日(上場中止
ブックビルディング期間4月1日から4月7日まで
公開価格決定日4月8日
申込期間4月9日から4月14日まで
公募150,000株
売出し200,000株
OA52,500株
吸収金額4.6億円
時価総額43.8億円
想定価格1,150円
初値価格上場中止

SBI証券[旧イー・トレード証券]
サイバートラストIPO幹事のSBI証券

サイバートラストIPOの概要

サイバートラストIPOは、日本初で国内最長の運用実績を持つ商用電子認証局として、SSL/TLSサーバー証明書やクライアント証明書をはじめ、ウェブセキュリティサービスや脆弱性診断サービスなど、情報セキュリティサービスを総合的に提供しています。

また、サイバートラストIPOはミラクル・リナックスのカーネル技術やオープンソースソフトウェア(OSS)の知見を応用したオンプレミス、クラウド、組込み領域向けのLinux/OSSサービスも展開しています。

サイバートラストIPOはSBテクノロジー(4726)の子会社なので親子上場になりますが、IT関連の小型(吸収金額4.6億円)なマザーズIPOとして人気を集めそうです。

また、サイバートラストIPOは直近のIPOと間隔が空いているため、日程的にも恵まれてます。

ただし、現在は地合いが最悪といっても過言ではないため、上場日までにどれだけ回復できるかも重要なポイントになると思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

サイバートラストIPOのその他情報はこちら

サイバートラストIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券と平幹事のSBI証券の2社のみというコンパクトな構成になっています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

サイバートラストIPOの初値予想

サイバートラストIPOの初値予想は、仮条件決定後(3月31日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社